5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

プログラミング言語 Lua  その3

1 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 13:13:52
だれか サポ−ト 頼む。
前々スレ http://pc5.2ch.net/tech/kako/1034/10341/1034182349.html
前スレ http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/tech/1063711237/
本家 http://www.lua.org/
lua-users http://lua-users.org/
LuaForge http://luaforge.net/
Lua 5.1 リファレンスマニュアル(日本語訳)
http://sugarpot.sakura.ne.jp/yuno/html/lua51_manual_ja.html

2 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 13:18:27
        /\  
      / =.\  
    // ̄\ .\  
  /| |へノ⌒| //\  
  \ \_//  .\  
    \ = /       \  
     \/        \  
           ∧∧∧∧\  
          (  `/)  >ヽ∧  
          /   /  / `∀> ∧∧  
        ◇(   イ◇  (   ,つ`∀´>  
        /ヽ  )) ヽ  )ヽ )と  , イ  
        (_/(_/(_/(_/ノ(_/⊂ノ> )J  
    / ̄Y ̄`|/ ̄^Y ̄ヽ/ ̄ ̄Y `´ ̄\  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
このスレはキムチ軍の奇襲により占領されました 

3 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 13:28:44
色々リンク辿ってたら http://luaforge.net/projects/stdlib/ を発見。
でも、ここのtable.clone関数は浅いコピーしかやってくれない模様。
色々と不足してるっぽいし、パッチとか投げたら喜ばれるのやもしれず……。

4 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 13:31:55
>>2
ちょw

5 :デフォルトの名無しさん:2006/10/15(日) 00:39:00
テーブルは確かに必要な関数が多いかもしれないけど
実際のゲームとかphotoshopとかに組み込まれている奴って
テーブル関係の関数をどういう風に実装してんのかな

6 :デフォルトの名無しさん:2006/10/15(日) 12:16:50
ム板って即死判定とかあったっけ?
とりあえず保守を兼ねて思いついたことを書くと、テーブルを書き出す前に
まず_Gとかを再帰的に舐めて関数テーブルを自力で作れば、関数名も書き出せて
復元できるようになるのでは?と思った。まだ試してないけど。

7 :デフォルトの名無しさん:2006/10/15(日) 20:38:34
Luaを使ったゲームとかアプリで実際にどういう風に利用されているか読むのも
面白いな

テクニックとか盗めるし

8 :デフォルトの名無しさん:2006/10/16(月) 13:09:03
C と Pascal を合わせたような言語で、Gentee というプログラム言語を
見つけたけど、誰か使っている人いる?

ttp://www.gentee.com/index.htm

9 :デフォルトの名無しさん:2006/10/16(月) 18:33:32
>>2
消えうせろ

>>8
タイトルをよく読め

10 :デフォルトの名無しさん:2006/10/16(月) 20:55:10
>>9
ここはLuaだけじゃなくて、LightWeight全般もサブで取り扱うスレです。
前スレをよく読め

11 :デフォルトの名無しさん:2006/10/16(月) 22:17:34
そういやスレタイ変えるって話が出てたけど結局そのままだったね。
あとせっかく立ててくれたまとめWikiを忘れたらだめだよ。

[関連]

Lua/組み込み系言語 Wiki*
http://wikiwiki.jp/lua/

12 :デフォルトの名無しさん:2006/10/16(月) 23:13:17
実際にどういう風に使われているのか事例を紹介したりして、
余力があったらソースを解説したらいいんじゃないの

13 :デフォルトの名無しさん:2006/10/17(火) 18:57:43
>>11
そのWikiってこのスレのまとめWikiだったのか!

14 :デフォルトの名無しさん:2006/10/17(火) 19:24:21
#でコメントってもうないのですよね?

15 :デフォルトの名無しさん:2006/10/17(火) 20:01:31
shebang行は無視してくれるけどね

16 :デフォルトの名無しさん:2006/10/17(火) 23:43:19
リフレクションみたいなことが出来るってほんとうれすか

17 :デフォルトの名無しさん:2006/10/19(木) 07:28:17
定期保守

18 :デフォルトの名無しさん:2006/10/19(木) 20:08:41
天上天下唯一最高神が保守

19 :デフォルトの名無しさん:2006/10/19(木) 20:33:56
引数の個数によるオーバーロード

function makeoverload(...)
 local funcs={...}
 return function(...) local args={...} return funcs[#args+1](...) end
end

function funcA()
 print("引数なし")
end
function funcB(a)
 print("1引数", a)
end
function funcC(a, b)
 print("2引数", a, b)
end

func = makeoverload(funcA, funcB, funcC)
func()
func(123)
func(123, 456)


20 :デフォルトの名無しさん:2006/10/19(木) 21:26:06
めっちゃ遅くなりそうだな

21 :デフォルトの名無しさん:2006/10/19(木) 22:55:08
lua 5.0 からはそんなことしなくても最初っから arg っていう変数に束縛されてるよ。
Programming in Lua の2版には、確か ... ではなく arg の方を使えって書いてあったような気がした。


22 :デフォルトの名無しさん:2006/10/21(土) 23:36:50
ほしゅ

23 :デフォルトの名無しさん:2006/10/22(日) 22:46:38
文字列に文字列を挿入するとか
置換する関数が標準であればいいのに

Luaのgsubは使い方が判りづらくてウンコだ

24 :デフォルトの名無しさん:2006/10/24(火) 19:13:22
保守

25 :デフォルトの名無しさん:2006/10/24(火) 22:39:44
保守

26 :デフォルトの名無しさん:2006/10/25(水) 22:01:41
1オリジンやめれ

27 :デフォルトの名無しさん:2006/10/26(木) 07:11:13
チーズはどこにいった

28 :デフォルトの名無しさん:2006/10/27(金) 07:35:23
本スレどこだ

29 :デフォルトの名無しさん:2006/10/29(日) 20:30:04
保守

30 :デフォルトの名無しさん:2006/10/30(月) 18:50:04
定期保守

31 :デフォルトの名無しさん:2006/10/30(月) 19:51:42
小ネタ投下。
luaL_newmetatableで作成されたメタテーブルを持つユーザーデータならtnameを返し、それ以外ならtype()の結果を返す。
たとえばio.openで開いたファイルなら"FILE*"という文字列になる。
debugライブラリを使ってるのがマズイ

function type_ex(o)
 local t = type(o)
 if t=="userdata" then
  local m = getmetatable(o)
  if m then
   for k,v in pairs(debug.getregistry()) do
    if m==v then
     if type(k)~="string" then
      return tostring(k)
     end
     return k
    end
   end
  end
 end
 return t
end

32 :デフォルトの名無しさん:2006/11/01(水) 06:24:32
ていうか誰か速くJUMP文実装してくんねーかなぁ〜〜

33 :デフォルトの名無しさん:2006/11/02(木) 18:54:59
スパゲティコードでよければ

↑の人が実装する

34 :デフォルトの名無しさん:2006/11/07(火) 01:36:18
temp = { 500, x = 200, 'aaa', y = 300 }
というテーブルがあって、
temp[2]で200を取得することって出来ない?

35 :デフォルトの名無しさん:2006/11/07(火) 14:23:55
できないと思う。
temp[2]は'aaa'になる。

嫌なら
temp[2] = temp.x みたいにするとか。

36 :デフォルトの名無しさん:2006/11/07(火) 19:59:45
前スレの978みたいなやつ。
循環参照にも対応してるはず。
テーブルを渡すとそのテーブルを復元するコードを返す。
loadstring(save_table(t))()で元のテーブルのコピー。
↓をlua.exeに食わせると(ry

print((string.gsub([==[function save_table(data)@;assert(type(data)=="table")@
;local s,l,c={},"",""@;local function dump(x)@;;local t,r=type(x),nil@;;if t==
"nil" or t=="boolean" or t=="number" then@;;;r=tostring(x)@;;elseif t=="string
" then@;;;if x:find("[%[%]]") then@;;;;x=x:gsub("%%", "%%%%"):gsub("%[", "%%("
):gsub("%]", "%%)")@;;;;r="(u[["..x.."]])"@;;;else@;;;;r=" [["..x.."]] "@;;;en
d@;;elseif t=="table" then@;;;if s[x] then@;;;;r="m[\""..s[x].."\"]"@;;;else@;
;;;assert((not getmetatable(x)) or (not getmetatable(x).__tostring))@;;;;local
 k=tostring(x)@;;;;s[x]=k@;;;;l=l.." m[\""..k.."\"]={}"@;;;;r="s(\""..k.."\",{
"@;;;;for k,v in pairs(x) do@;;;;;r=r.."["..dump(k).."]="..dump(v)..","@;;;;en
d@;;;;r=r.."})"@;;;end@;;end@;;return r@;end@;s[data] = "r"@;for k,v in pairs(
data) do@;;c = c.." r["..dump(k).."]="..dump(v)@;end@;return [[do local r,m={}
,{r=r}local function s(n,t)local r=m[n]for k,v in pairs(t)do r[k]=v end return
 r end local function u(s)return s:gsub("%%%)","]"):gsub("%%%(","["):gsub("%%%
%","%%")end]]..l..c.." return r end"@end]==], "\n",""):gsub("%s*@%s*", "\n")
:gsub(";", "\t")))

37 :36:2006/11/08(水) 17:21:17
少し修正。
print((string.gsub([==[function save_table(data)@;assert(type(data)=="table")@
;local s,l,c,e,a={},"","",false,false@;local function dump(x)@;;local t,r=type
(x),nil@;;if t=="nil" or t=="boolean" or t=="number" then@;;;r=tostring(x)@;;e
lseif t=="string" then@;;;if x:find("[%[%]]") then@;;;;x=x:gsub("%%", "%%%%"):
gsub("%[", "%%("):gsub("%]", "%%)")@;;;;r="(u[["..x.."]])"@;;;;e=true@;;;else@
;;;;r=" [["..x.."]] "@;;;end@;;elseif t=="table" then@;;;if s[x] then@;;;;r="m
['"..s[x].."']"@;;;else@;;;;assert((not getmetatable(x)) or (not getmetatable(
x).__tostring))@;;;;local k=tostring(x)@;;;;s[x]=k@;;;;l=l.." m['"..k.."']={}"
@;;;;r="s('"..k.."',{"@;;;;for k,v in pairs(x) do@;;;;;r=r.."["..dump(k).."]="
..dump(v)..","@;;;;end@;;;;r=r.."})"@;;;;a=true@;;;end@;;end@;;return r@;end@;
s[data] = "r"@;for k,v in pairs(data) do@;;c = c.." r["..dump(k).."]="..dump(v
)@;end@;return "do local r,m={},{}m.r=r"@;;..((a and " local function s(n,t)lo
cal r=m[n]for k,v in pairs(t)do r[k]=v end return r end") or "")@;;..((e and "
 local function u(s)return s:gsub('%%%)',']'):gsub('%%%(','['):gsub('%%%%','%%
')end") or "")@;;..l..c.." return r end"@end]==],"\n",""):gsub("%s*@%s*", "\n"
):gsub(";", "\t")))

38 :36:2006/11/08(水) 17:26:29
コード貼るだけではアレなのでちょっと使い方を説明。

--tableは保存しておきたいテーブル
dump = save_table(table)
--または dump = string.dump(loadstring(save_table(table)))

--ファイルに書き出す
f = io.open("hoge.lua", "w")
f:write(dump)
f:close()

--元のテーブルが復元される
table = dofile("hoge.lua")

function、thread、userdataはもちろん対応してない

39 :デフォルトの名無しさん:2006/11/08(水) 19:47:35
あるスレッドである程度スタックに値を積んでいる状態で
lua_resumeを呼んで帰ってきたときに、それまでスタックに積んでいたものが見事に
なくなります。lua_call系では消えずに残っているようですが…仕様なのかバグなのか。
マニュアルに書いてあるlua_resumeを使うときはlua_newthreadで新しくスレッドを
作ってから使えっていうのはこういうことなのですね…。

40 :デフォルトの名無しさん:2006/11/10(金) 18:38:07
lua.exeに食わせるとかアホな事やってないで
うpろだ使えよ

41 :デフォルトの名無しさん:2006/11/23(木) 12:09:36
metaluaの使い方がわからねぇ。

42 :デフォルトの名無しさん:2006/11/23(木) 13:52:08
昨日5.1 SJIS対応版を拾ってテストコードを作ってみたんだが動かないんだ。

lua_State *L=lua_open();
luaL_loadstring(L,"function Add(x,y)\r\n return x+y \r\nend\r\n");
//printf("%s\n",lua_typename(L, lua_type(L, -1)));
lua_getglobal(L, "Add");
//printf("%s\n",lua_typename(L, lua_type(L, -1)));
//printf("%s\n",lua_typename(L, lua_type(L, 1)));
lua_pushnumber(L, 1.2);
//printf("%s\n",lua_typename(L, lua_type(L, -1)));
lua_pushnumber(L, 2.3);
//printf("%s\n",lua_typename(L, lua_type(L, -1)));
if(lua_pcall(L, 2, 1, 0) != 0){
printf("残念賞:%s\n",lua_tostring(L, -1));
}
printf("%f\n",lua_tonumber(L, -1));
lua_pop(L, 1);
lua_close(L);

これだけで動くと思うんだが、lua_pcallした後は
「残念賞:attempt to call a nil value」
合間のprintfを有効にすると
function,nil,function,number,number って出る。
初っ端から駄目駄目な俺に誰か助言をくれ〜

43 :デフォルトの名無しさん:2006/11/23(木) 14:09:21
>>42
残念!

44 :デフォルトの名無しさん:2006/11/23(木) 14:57:13
>>42
FAQ
loadstringは評価しない。callしる。

45 :42:2006/11/23(木) 16:47:09
>>44
オオゥ。そうなのか。
・・・うん、無事動きました。ありがとう。

46 :デフォルトの名無しさん:2006/12/01(金) 04:10:14
==演算子でテーブルをくらべてるとき指してるテーブルが同じときにだけ__eqが呼ばれないことについて

47 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 01:21:16
>>46
そう定義されてるから仕方が無い

48 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 03:19:41
処世術なんてききたくない
この挙動は真っ当ではないと思わないか

49 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 03:38:02
それほど酷い仕様とも思えんが・・・
むしろ"=="の意味からいったら真っ当な気さえする。

演算子をつかってboost.spirit並みの拡張をしたい
というなら話はべつだが。


50 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 03:59:33
metamethodは記述は同じでも比べられる変数の値によって実行されたりされなかったりしていいと思う?
意味的な意味で

>むしろ"=="の意味からいったら真っ当な気さえする。
__eqよんだ上で返値を無視すりゃいいじゃん

51 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 13:39:17
>実行されたりされなかったりしていいと思う?
いいんじゃん。単に言語設計上のポリシーの問題では?

>__eqよんだ上で返値を無視すりゃいいじゃん
無視するぐらいなら、呼ばなきゃいいじゃん


52 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 13:55:08
>>50
別にいいと思う。それより

意味的な意味で ← この日本語がどうかと思う。意味がわからん。

53 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 14:52:21
metamethodの機能として不完全だということは認知してもらえるんだろうか?
スクリプト実行時にその時比較される値によって実行されたりされなかったりするんだよ?
その上で「まぁべつにいいんじゃねヽ(´ー`)ノ」という意味でいいって言ってるんだよね?

だから処世術なんてききたくないっていってんだよばかばかまんこ

54 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 16:00:59
同じテーブルを指す=比較するまでもない
という設計思想なんでしょ。
不必要なことはしないというだけで、別に不完全とは思わないなあ。

55 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 17:13:58
言いたい事があるならMLでサクーシャに直接言ったら良いじゃない。

56 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 17:16:18
とりあえず「metamethodの機能として完全」の
定義をしてくれ

言語設計ポリシーの結果として選択された仕様を
完全か否かなんて議論はきわめて不毛だし。

57 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 17:17:14
>>54
仮にそういう設計思想なんだとして、だったら__eqなんて作らせないでしょ?

58 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 17:18:58
>>53
>スクリプト実行時にその時比較される値によって実行されたりされなかったりするんだよ?

で、何が困るの?
困ることが無いなら、比較速度がかなり速くなる分、
いまの実装の方が完全なんだけど。

わかる?お前定義の「完全な言語」なんてどうでいいんだよアホ。

59 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 17:20:22
>>57
はぁ?バカか?
お前__eqの意味すら理解してないんじゃないのか?

60 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 17:23:07
そろそろ釣れた宣言がくる悪寒

61 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 17:24:49
べつにつらないよw
君らばかだなホント

62 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 17:34:22
お、でたでた。バカの口癖「お前等全員バカ」。

63 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 22:46:40
どうやら尻尾巻いて逃げたようです。

彼がなぜ__eqが同一のオブジェクトでも
実行されて欲しかったのかは謎のまま。

64 :デフォルトの名無しさん:2006/12/02(土) 23:59:37
>>63
そんな事書くとまた出てきちゃうだろ。

JavaのequalsとかC++のoperator==とかは同一オブジェクトでも
呼び出されるから彼の要求が特別に変というわけではない気がする。
まぁ結局は>55なんだが。

65 :デフォルトの名無しさん:2006/12/03(日) 01:11:57
別になんか要求してるわけじゃないよ
挙動が気に入らなきゃvm書き換えりゃいいだけの話なんだし

66 :デフォルトの名無しさん:2006/12/05(火) 12:29:24
比較時にログを出力する、という実装は不可能だわな。
それに意味があるかどうかというより、
不可能なことがある、ってのがちょっと気持ち悪いとは思う。

所詮スクリプトなんだし、そこまで求めないけど。

67 :デフォルトの名無しさん:2006/12/05(火) 13:19:17
>>66
>不可能なことがある、ってのがちょっと気持ち悪いとは思う。
ナポレオン乙

68 :デフォルトの名無しさん:2006/12/09(土) 08:01:03
luabindの中身見たが、なんだありゃ・・・
さっぱりわけが分からない

69 :デフォルトの名無しさん:2006/12/09(土) 09:07:09
>>66
オーバーロードが一切出来ない言語できないなw
バカなお前じゃw

70 :デフォルトの名無しさん:2006/12/09(土) 09:18:34
方言?

71 :デフォルトの名無しさん:2006/12/09(土) 13:46:11
>>69
>所詮スクリプトなんだし、そこまで求めないけど。
ちゃんと読めよ。

72 :デフォルトの名無しさん:2006/12/09(土) 18:38:16
>>71
アホかお前。お前がちゃんと読めよ。

>所詮スクリプトなんだし、そこまで求めないけど。

スクリプトじゃなければ、そこまで求めるんだろうが。
スクリプトじゃなくて、オーバーロードできない言語だと、不可能だらけ。
アホな66は使えません。

73 :デフォルトの名無しさん:2006/12/09(土) 19:09:10
__eqが同一のオブジェクトでも実行されて欲しいケースなんてない、
という雰囲気にひとつ例を出したに過ぎない66に対して、
72の粘着っぷりは異常。

74 :デフォルトの名無しさん:2006/12/09(土) 19:49:33
72の粘着っぷりが怖いよ。

なんかよほど言い負けた感を持ったらしいとしか思えん、何が原因かは不明だが。



75 :デフォルトの名無しさん:2006/12/10(日) 18:35:05
「粘着っぷりが怖い」という粘着ぶりが怖いw

76 :デフォルトの名無しさん:2006/12/10(日) 19:08:12
ほら粘着とか呼んじゃうからムキになってるじゃないか。
スルーしとけばよかったのに。

77 :デフォルトの名無しさん:2006/12/12(火) 18:59:03
Lua以外の(軽量組込み系)言語の話はとんとご無沙汰な件について

もうLuaで鉄板?

78 :デフォルトの名無しさん:2006/12/13(水) 01:25:31
squirrel推したいけど比較するのにluaの変なとこを引き合いにだすと粘着されそうなんでやめときますね

79 :デフォルトの名無しさん:2006/12/13(水) 11:43:37
>>78
どんなものかを知るためにぜひやってほしいにょ

80 :デフォルトの名無しさん:2006/12/13(水) 19:41:44
>>78
俺もsquirrelを推したいけど別にLuaの変なとこを指摘することもないな
むしろLuaのほうが環境整ってるせいでsquirrelのほうが使いづらい感が…

81 :デフォルトの名無しさん:2006/12/14(木) 02:02:30
>>80
”環境”って日本語ドキュメント?binder?eclipseのplugin?
各apiを実行するとどういう風にstackがアクセスされるのかのきちんとした仕様の明示はほしい
これは外人もいってたけど

82 :デフォルトの名無しさん:2006/12/14(木) 08:23:13
>>81
前も書いたけどluabindのあるなしの問題
stackなんか考えるのだるいじゃん

83 :デフォルトの名無しさん:2006/12/14(木) 09:06:07
squirrelならscriptで使うクラス等の型はscriptで書いてそれを最初にdofileさせるだけだよ
データの送受はインスタンスや配列の中身を直接アクセスするだけで大抵すんじゃうし
native closureの初期下時の組み込みとnative closure内での引数取得と
script側のclosureをcallするとき引数を積むくらいだよstack使うのなんて

実際必要ないからbinderが発達しないんだと思う

84 :デフォルトの名無しさん:2006/12/16(土) 10:08:48
squirrelをざっと眺めてみたけど、Cと文法が近かったりビット演算が
標準だったり"++"と"+="があったり、いいかも。
ただ、配列とテーブルが違ったり、ジェネレーターとコルーチンが
違ったり、Luaに比べてやや複雑か。気になったのは、
・Luaだとtbl.abcとtbl["abc"]は同じ意味だけどsquirrelでも
 同じ方法はある?
・classとtableの関係は?
・参照カウンタ+GCの意味は循環参照検出にGCを使うという意味?
 パフォーマンスにはどんな影響が?
あたりか。


85 :デフォルトの名無しさん:2006/12/16(土) 14:23:14
>・Luaだとtbl.abcとtbl["abc"]は同じ意味だけどsquirrelでも
できるよー
>・classとtableの関係は?
ハッシュテーブルの基盤を使ってclassが作られてるようなかんじ?
>・参照カウンタ+GCの意味は循環参照検出にGCを使うという意味?
そうみたい。
でもまともに書いてれば循環参照なんてありえんし
コンパイルオプションで参照カウンタオンリーにしてしまえ

86 :デフォルトの名無しさん:2006/12/17(日) 14:35:45
squirrelのgeneratorはjump使ったトリック、threadはvmのstate切り替え
luaのcoroutineはどうなってるの?

87 :デフォルトの名無しさん:2006/12/18(月) 00:25:35
>>86
state切り替え

coroutine.create()から呼ばれるluaE_newthread()見れば、新しいlua_State作ってるのがわかる

88 :デフォルトの名無しさん:2007/01/01(月) 20:05:52
squirrelはC++だから流行らないとみた。

89 :デフォルトの名無しさん:2007/01/02(火) 02:35:20
今のところ他人のコードを見たくない言語ナンバーワンだ・・・

90 :デフォルトの名無しさん:2007/01/02(火) 08:20:31
Cは記号に頼りすぎ。


91 :デフォルトの名無しさん:2007/01/05(金) 04:39:10
>89
俺はbrainf*ckだな

92 :デフォルトの名無しさん:2007/01/05(金) 15:18:31
>>91
まず見ることがないじゃないかw

93 :デフォルトの名無しさん:2007/01/09(火) 00:18:29
なあ、すごく基本的なこと聞いていい?
最近Luaを知って調べ始めたんだが、自作プログラムの外部スクリプトとして
Luaを組み込む方法が全然見つからないんだが、どこへ行けば詳しく書いてるだろうか?

94 :デフォルトの名無しさん:2007/01/09(火) 00:36:49
>>93
ソースに付属しているインタープリタみれば一発じゃん。

95 :デフォルトの名無しさん:2007/01/09(火) 00:56:16
>>94
すまん、ソースダウンロードしてみたがさっぱりわからなかった。
Boostとかだと、〜をinlcudeしろ、〜.libのあるところにパスを通せ、といった記述があるのだが、
そういうのが全然見当たらないんだが・・・

96 :デフォルトの名無しさん:2007/01/09(火) 01:03:26
「lua embed」でググレ

97 :デフォルトの名無しさん:2007/01/09(火) 01:17:19
>>96
d!
やっと解説してるところが見つかった。

98 :デフォルトの名無しさん:2007/01/09(火) 19:59:01
>>97
で、どこにあったの?

99 :デフォルトの名無しさん:2007/01/10(水) 00:14:33
>>98
http://www.codeproject.com/cpp/luaincpp.asp
ただ、ビルドはできたが読み込む際のluaopen_ioで落ちる。
ちょっと作業する時間なかったので、原因はまだ調べてない。

100 :デフォルトの名無しさん:2007/01/10(水) 20:07:13
The Pawn language
http://www.compuphase.com/pawn/pawn.htm

だれも使ってなさそうな、組み込み言語

101 :デフォルトの名無しさん:2007/01/11(木) 22:24:14
ゲーム用のスクリプトを探していて、最近Luaを触り始めた者です。
質問なんですが、C++側でlua_Stateをいくつか作ったとき、そのlua_State間で
C++の関数を通じてテーブルの参照渡しをすることはできますか?

どうも値渡しならスタックを再帰でゴリゴリやってできそうな感じですが…。

102 :デフォルトの名無しさん:2007/01/12(金) 18:30:38
>>101
lua_xmove かレジストリで良いのかな?

103 :デフォルトの名無しさん:2007/01/12(金) 22:49:52
>>102
lua_xmoveもレジストリも同じglobal stateのスレッド同士じゃないとだめ。

104 :101:2007/01/13(土) 17:04:49
ご回答どうもです。
もう少し方法を考えてみようと思います。
ありがとうございました。

105 :デフォルトの名無しさん:2007/01/24(水) 14:39:15
ROのほむのAIがLuaで記述できるので触っただけです。
別にLuaが好きなわけじゃないんだからね!

106 :デフォルトの名無しさん:2007/01/26(金) 13:07:45
帰値がdoubleなのはヘッダいじるとして
cdeclなのが気に食わないのはどうしたらいいものか...

107 :デフォルトの名無しさん:2007/02/08(木) 05:10:19
部分文字列ってどうやって取得するの?今は
string.char(string.byte(str, x, y))
としてるんだけど、これであってるのかなあ。
Lua 2日目の初心者です。


108 :デフォルトの名無しさん:2007/02/09(金) 06:24:11
なぜstring.subを使わない

109 :デフォルトの名無しさん:2007/02/09(金) 16:26:00
最近ゲーム内スクリプトに使われることが多いのかな?

110 :デフォルトの名無しさん:2007/02/09(金) 17:56:11
>109
昔からいっぱい使われてるじゃないか。


111 :デフォルトの名無しさん:2007/02/09(金) 17:56:42
つっても2年くらいだけどさ


112 :デフォルトの名無しさん:2007/02/10(土) 04:55:56
>>108
string.subはstring.gsubとおなじで文字列置換だと思ってた。
正直すまんかった。

113 :デフォルトの名無しさん:2007/02/10(土) 13:23:01
homeworldはこれ使ってるね

114 :デフォルトの名無しさん:2007/02/10(土) 21:12:44
>>113
FarCryもつかってたな

115 :デフォルトの名無しさん:2007/02/11(日) 06:31:15
Homeworldで検索したら凄いなこれ・・・
日本人よ、アニメ絵ゲームで萌えてる場合じゃないぞ!

116 :デフォルトの名無しさん:2007/02/11(日) 14:37:36
EVE onlineもすごいぞ
今検索したら日本語版も出そうだな。
http://www.4gamer.net/news.php?url=/DataContents/game/0412.html

stackless pythonをサーバー側・クライアント側ともに使ってるらしい。

117 :デフォルトの名無しさん:2007/02/16(金) 22:15:17
NullLogic Embedded Scripting Language
http://sourceforge.net/projects/nesla/

118 :デフォルトの名無しさん:2007/02/17(土) 00:54:05
getfenvってlocal変数は取得できないのって不便だな。
function f1(e)
 setfenv(1,e) ;print(a)
end
function f2(f)
 local a=123 ;f(getfenv(1))
end
f2(f1)

で123が表示されてほしいんだけど。
debug.getlocalとか使えばなんとかなるんだろうけど。
getlocalとgetupvalueだけ何でdebug扱いなんだろう。
速度?

119 :デフォルトの名無しさん:2007/02/17(土) 12:23:25
あげとこう

120 :118:2007/02/21(水) 21:35:09
ぅぅ、誰もいないのか? or どうでもいい話題?

これが出来ないとf1への引数指定をするしかないよね。
f2のローカル変数が増えて且つf1でそれを使う場合
f1の引数宣言をどんどん追加する羽目になるんだよなー。
Cのマクロ展開的に気楽に処理をまとめようとする時
>>118見たいに出来ると便利なんだけど。

-------
話変わるけど、luabind使って
a=luabind_class_a() --luabindで定義したクラス生成
b=luabind_class_b() --luabindで定義したクラス生成
a.p=b ; b.p=a
a=nil ; b=nil
collectgarbage("collect")
ってやっても回収されないような気がする。
(pはluabindでdef_readwrite指定してない)
循環さえしてなければ回収されるっぽい。
そもそもdef_readwrite指定してpに代入すること
自体がまずいのかな?

luabind使ってる人、意見ヨロ。

121 :118:2007/02/21(水) 21:38:11
修正
そもそもdef_readwrite指定してpに代入すること
=> そもそもdef_readwrite指定してないpに代入すること


122 :118:2007/02/21(水) 21:43:47
更に追記
118は最初f1をf2のローカル関数にしてたけど他でも参照しようとして
外部に出した時の話です。

123 :デフォルトの名無しさん:2007/02/21(水) 22:08:28
luaさわったことないが、luaでは環境=テーブルなんだし
print(e.a)じゃだめなの?もしくはgetfenv(f2)ではどうなる?
getfenv(1)というのがわからんな。ソース読んだ方が早い

124 :118:2007/02/21(水) 22:13:40
>>123
print(e.a)でも駄目。
getfenv(f2)もgetfenv(1)もf2内では
同じ意味(のはず)です。

125 :118:2007/02/21(水) 22:20:39
function f1(e)
 setfenv(1,e) ;print(a)
end
function f2(f)
 setfenv(1,setmetatable({},{__index=_G}))
 a=123 ;f(getfenv(1))
end
f2(f1)

これなら動くんだけどねぇ。

126 :デフォルトの名無しさん:2007/02/21(水) 23:20:32
>>118
すまん。見てたが良くわからないから
偉い人が降臨するのを待った方がいいと思った。

でもローカル変数はenvironmentが持ってるわけじゃないし
(Function Prototypeが持ってるぽい)
他の関数はスコープの外だから無理だと思うよ。
table:functionの形式にしてselfに持たせるのはどう?

127 :118:2007/02/22(木) 00:27:58
>>126
いえいえ半分愚痴なんで。
たとえば>>118を以下の様に書き換えると
a=456
function f1(e)
 setfenv(1,e) ;print(a) -- 123が表示
end

function f2(f)
 --ここからシンタックスシュガー
 local org_env=getfenv(1)
 local local_env={}
 setfenv(1,setmetatable(local_env,{__index=org_env}))
 --ここまでシンタックスシュガー

 -- aはローカル
 a=124
 f(local_env)

 -- print($a) グローバルなaを表示 =>
 print(org_env["a"]) -- 456が表示
end
f2(f1)
print(a) -- 456が表示

関数先頭でローカル環境設定して
むしろlocalが指定されていないときをlocal変数
と解釈し、Rubyみたく$a見たいに記述された時を
グローバル変数と解釈するほうが安全なようなきがする。
関数内でlocal宣言し忘れてうっかりグローバル汚す
心配もないし。

128 :118:2007/02/22(木) 02:37:14
なんか一人で書き込んでるな (orz
luabindのほうが大問題に思えてきた

class 'abc'
function abc:__init(name) self.name=name ; print("initialize:"..self.name) end
function abc:__finalize() print("finalize:"..self.name) end
a=abc("1")
b=abc("2")
a.p=b;b.p=a --循環
a=nil;b=nil
collectgarbage("collect")

これも__finalizeが呼ばれない模様
上記コードのaもbもuserdataで多分GCがuserdata内部で
持ってる参照を追ってないためリークしてるのではと
予想してみたけど、どうでしょ。


129 :デフォルトの名無しさん:2007/02/22(木) 12:27:46
luabindはboostまわりで環境(バージョン)依存するし、tolua++使ってるわ。

>>118で何を実現したかったのか見えなかったんだけど、
setfenvとかはあくまでグローバルテーブルが取れるだけだし、
localとupvalueが取れないのは仕様上しょうがない・・・。
debugライブラリ使ってもいいけど、安全上の問題が・・・とかマニュアルに書いてある。

んで、今luaのソースちょっと見てみたら、
ローカル変数は数値インデックスで管理されてて、テーブルになってない。
バイトコード上ではほぼ名前は省かれてて、「このインデックスのローカルにこのインデックスのローカルを代入」みたいな
処理になってると思われる。
グローバル変数をlocalに代入してから処理したほうが高速、といわれるのはこういう理由なのね。

グローバル汚す可能性についてはグローバルのメタテーブルの__newindexをいじくって
制限をつければいいと思う。

130 :118:2007/02/22(木) 19:38:37
>>129
tolua++ってコードジェネレーター系ですよね。
tolua++て>>128みたいなことって出来ます?例えば
a=ABC:new()
b=ABC:new()
a.p=b;b.p=a --aとbで循環参照させる。
a=nil;b=nil
collectgarbage("collect")
出来るとしたら、これでC++側のABCの実体のデストラクタ
って呼ばれます?

>グローバル汚す可能性についてはグローバルのメタテーブルの__newindexをいじくって
誰かがそんなことやってましたね。


131 :デフォルトの名無しさん:2007/02/23(金) 03:51:29
>>130
newしたものを普通のテーブルと同じように扱ってるところに問題がない?
userdataの可能性が高いし、そのままメンバー追加してどうなるかはluabindの実装によるかも。

tolua++では、new()で生成すると手動でdeleteが必要。
new_local()または クラス名() で生成すればガベコレに任せる。

local a=TestClass()
local b=TestClass()
local ax = { p = a }
local bx = { p = b }
a=nil;b=nil
ax=nil;bx=nil
collectgarbage(0)

これならちゃんと回収されてる。(Lua5.0の場合)


132 :118:2007/02/24(土) 00:04:45
>>130
てゆうか、それ循環してないし。
例え循環させても、テーブルは循環してても当然回収されるので
>>130みたくラッピングすればluabindでも当然回収される。

>>userdataの可能性が高いし、そのままメンバー追加してどうなるかはluabindの実装によるかも。
luabind的にはuserdataだけど一応メタテーブル設定して大丈夫になっています。

>>128にも書いたけど、おそらくuserdataからそれに関連づけされた
luaオブジェクトへの参照をGCが追跡できて無いのでリークしてると思う。
5.0ではuserdataに環境は設定できないけど5.1では出来るようになって
いる。5.1でそうした理由は多分”userdata->その環境table”のパス
をGCでおえるようにして循環参照を検出して回収可能にする為だと思います。
(ぐぐったらそれっぽい議論がされてる。)
おそらくluabindが5.1に対応しきれてないのではと予想して対策を検討中。

133 :118:2007/02/24(土) 00:05:50
まちがえた
>>130では無く>>131です(自分レスしてどうするw)

134 :デフォルトの名無しさん:2007/02/24(土) 04:44:20
>>132
あ・・・ほんとだぜんぜん循環してないorz

あとLua5.0でもフルユーザーデータにはメタテーブルもてたけどね。
lightuserdataの扱いが変わっただけかと。

問題はメタテーブルの__newindexとかで実際何をやってるかということだけど・・・

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)