5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【人工】AIを作るスレ【知能】

1 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 03:44:34
AI・人工知能に関わるモノなんでもOK

語ってみようぜ

2 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 03:48:51
2ゲt

3 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 03:52:25
そして3

4 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 03:56:42


5 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 03:58:59
5!!

6 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 04:15:22
6...

7 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 04:43:27
7!!

8 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 05:17:29
8

9 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 05:30:39


10 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 05:34:14
AIを作るAIを作ってほしい
それをAIに搭載して偉い事になる

11 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 05:42:07
AIが止まらねえ!

12 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 06:33:45
10?

13 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 06:59:39
11

14 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 07:27:13
12〜〜

15 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 07:50:53
AIのスレが立ったか。
NNとかの話でもいいの?

16 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 08:16:31
NNとかの話もおk。
ただし、ここが、プログラム板であることを考えて、それっぽい話でよろしく。


17 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 09:26:02
NNの話。
出力値の大きさには関心が無く、出力の最大値にのみ関心がある場合は
ある訓練データが教師通りに出力すればそれを学習しない方が収束が速い。

18 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 15:07:33
1年くらい前に人工知能のスレがあったけど、結局無くなったね。
人工知能だ、いや、人工無能だ、
人工無能の話は他でやれ、
今の研究ってどうなの?というレスばかり。回答無し
過疎化
という流れだったような気がする。


19 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 21:05:06
さて人工生命や郡知能について語ろうぜ!!

20 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 21:26:50
かっぺみたいだな<郡知能

21 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 22:30:15
うちの兄がヒキだったのですが、両親の他界以来私に寄りかかってきたので、二人で
上京、アニメショップに兄を置いて「私その辺見てくるから、二時間後に迎えにくる
から」といってそのまま置いてきました。交番から電話してきたけど、電話切って
一週間後に私も引っ越して、それ以来知らない。決心まで少し時間がかかったけど、
今までで一番家族に尽くした瞬間だったと思う。なんと言っても曲がった根性は
骨身にしみるまで打ち叩かないと治らないんだから。

七歳で施設に入れられて、私はいつだってマジメに周囲に気遣いして、何でもこまめに
動いてたのに兄ばかり問題を起こして。私は奨学金にバイトで大学出て、ちゃんと就職
してがんばってるのに寄りかかりやがって。もし回り回ってうちに連絡がきたら、
「兄は自分で勝手に姿を消した上、私に仕送りをよこせとせびったので断ったらそんな
大嘘を言って回っているのだ」と言うつもりだけど、今のところどこからも連絡はない。

いまためらっている人、何もためらうことはないよ。本人の責任なんだから。


22 :デフォルトの名無しさん:2006/09/12(火) 23:09:01
実際にAIがとまらなかったらマトリックスとかターミネーターみたいになるな

23 :デフォルトの名無しさん:2006/09/13(水) 00:55:37
GAは使い方次第では面白い思考エンジンができるらしい。
でもゲームぐらいにしか応用できそうにないな。

24 :デフォルトの名無しさん:2006/09/13(水) 01:25:38
あー、前にあった人工知能スレもこんな流れだった。
〜らしい、〜はどうよ、までしか行かなかった。

25 :デフォルトの名無しさん:2006/09/13(水) 07:35:55
だってアホしかいないし

26 :デフォルトの名無しさん:2006/09/13(水) 08:46:26
まぁゆるゆるやろうよ。
2chの全板のなかでもっともAIに前向きな話が出来る板ってここしかないわけだし。


27 :デフォルトの名無しさん:2006/09/13(水) 11:17:01
ム板にスレ立てたからには、>>1が責任をもって作れよ

28 :デフォルトの名無しさん:2006/09/13(水) 14:52:58
うむ。ソースがないとはじまらんな

29 :デフォルトの名無しさん:2006/09/13(水) 22:07:26
では僭越ながらお題をひとつ。
自然言語で会話できて、更に会話内容から知識の学習ができる
AIもどきの構築って如何でしょう。

30 :デフォルトの名無しさん:2006/09/13(水) 22:44:35
>>29
それじゃ、何も決まってないも同じかと。
もっと具体的にしないと、英語と日本語でも大きく違うし、
自然言語の会話ってのが漠然としすぎ。
(文法面等の事を考えれば、明らかに英語の方が処理を考えるのは楽そうだけどね。)

あと、会話内容から知識の学習ができるってのが・・・・
「知識」と言うのが何か?にもよるし、「学習」ってのがどの程度のこと指すのかでも大きく違うかと。
タダ単に、情報の入力を半自動的に受け付けるLvの学習と
NNもどきなり何なりを想定したより複雑な情報の内部変化を知識の学習とするのかで、
設計からはじめ何もかも変わるし。


あと、まじめにAIを作ろうとするならゲーム(将棋なり・チェスなり・ぷよぷよなり)のAI作りから始めたほうが
無難だと思うよ。いきなり会話を実現させるのは海を潜ってみたいと言って、いきなりマリアナ海峡に挑むぐらいの無茶っプリ。


31 :デフォルトの名無しさん:2006/09/14(木) 01:44:02
まず地理の勉強をするAI、またはレスを送る前に推敲するAIを作ろうぜ

32 :デフォルトの名無しさん:2006/09/14(木) 10:30:31
×マリアナ海峡
○マリアナ海溝

33 :デフォルトの名無しさん:2006/09/14(木) 23:43:04
>>32
AIキターーーーーーーーーーーーーーー

34 :デフォルトの名無しさん:2006/09/14(木) 23:50:28
ということにしたいのですね :P

35 :デフォルトの名無しさん:2006/09/15(金) 04:27:13
>>29
>自然言語で会話
形態素解析で人工無能。後は学習のための仕様を決めろ。

36 :デフォルトの名無しさん:2006/09/16(土) 04:18:40
age

37 :デフォルトの名無しさん:2006/09/16(土) 21:37:03
今の人口無能って言葉のイメージほど無能じゃないよね。

NN使ったりして学習したりするのもあるし。

38 :デフォルトの名無しさん:2006/09/17(日) 07:43:39
へぇ、NNで人工無脳なんてやってるんだ。
・・・何に使ってるんだろう???

39 :デフォルトの名無しさん:2006/09/17(日) 14:21:12
>>38
解説面倒だから「うずら 人工無能」あたりで探してみてくれ。

40 :デフォルトの名無しさん:2006/09/19(火) 02:32:59
たしかに、人口無能ってよりは人口阿呆って感じだね。
それとなく、言葉はしってるけど、中身が付いてきてないみたいな。
アホやなー。みたいな方向。


41 :デフォルトの名無しさん:2006/09/19(火) 17:56:22
そりゃ当たり前。
人工無能にはこの世に存在する身体が無いからね。

「車」という文字は知っていて、
どういう文脈で使うかを学習していたとしても、
「車」が何で、どういうものか、というのは人工無能には理解できない。
見る事も出来ないし、触る事も出来ない。
人間の居る世界とは違って、データの中に存在するだけだから。
それっぽい会話までしか行かないよ。

42 :デフォルトの名無しさん:2006/09/19(火) 18:29:33
つーことは「車」とは何なのか、というDBを与えてやれば・・・
と思ったが、どれは対応付けられた情報を持っているだけであって、それで理解してるとは限らないわな。

43 :デフォルトの名無しさん:2006/09/23(土) 01:49:17
まだドラクエ4のAIにも届かないレベル

44 :デフォルトの名無しさん:2006/09/23(土) 06:25:54
>>42
人間でも良く似た勘違い野郎は結構いるけどね

45 :デフォルトの名無しさん:2006/09/23(土) 09:54:33
会話集見ると面白いけど、普段は普通に関係ないレス返してスルーされてることがほとんどなんだよな・・・>うずら

46 :デフォルトの名無しさん:2006/09/24(日) 00:20:52
むしろ人間レベルのAIを搭載したロボットが出来上がったら、世界があわわわわぁぁあになる

47 :デフォルトの名無しさん:2006/09/24(日) 05:05:09
>>46
そんなことはならない。
なぜなら、現に人間Lvの知能の 人間 が60億もいるのに、世の中はただただ陰謀で静かに回ってるだけだから。


48 :デフォルトの名無しさん:2006/09/24(日) 13:17:28
となりの国の歴史認識プログラムは簡単そうだな
考証しないから

49 :デフォルトの名無しさん:2006/09/24(日) 15:21:18
人が空間を学習するのと同じ過程を人口知能にも体験させて育てるために
体を持たせて学習させようって動きは今の主流。

でもそういうのって基本的に世界をコンピュータの中に作って
その中で人口知能に体を与えて自由に動けるようにすればカバーできる。
だからまずは世界をコンピュータの中で再現することから始めてはどうだろうか?
地球とか動物とか人とか・・・


50 :デフォルトの名無しさん:2006/09/24(日) 15:45:16
>世界をコンピュータの中で再現
ロボット作る方が楽だ

51 :デフォルトの名無しさん:2006/09/24(日) 16:47:57
どんな「世界」かによるでしょ。
かなり単純化しちゃってよければ、ロボット作って頻繁にメンテナンスするより楽だろうし。

52 :デフォルトの名無しさん:2006/09/24(日) 17:43:26
>>49
そういうのはALifeとして研究されてることが多いな。
どっちにしろ仮想世界を作るなら知能より生命を創るのが先だろ。

53 :デフォルトの名無しさん:2006/09/24(日) 19:02:20
おまえらすごい話してるな
農学系の大学生だが俺も混ぜてくれ

54 :46:2006/09/24(日) 19:06:03
>>47
お前それは読みが甘いぜ。
人間レベルの人間と人間レベルのロボットが同じレベルになるわけだろ?
つまりロボットを生み出す人間と同じ知能指数があるならば、
ロボットがロボットを生み出す事ができる。
ロボットの暴走時用緊急停止装置を押す事がロボットの死とするなら、
ロボットは押させないだろう。

ともなれば、ロボットはロボットの社会を形成する事が可能となってしまう。
ロボット殺しだってありえるし、ロボットが人間を殺す事もあり得る。

よって、あわぁwァゎlwぁあわぁあっぁあゎあわわわ

55 :デフォルトの名無しさん:2006/09/24(日) 19:16:23
なあ、おまえら
結局AIはつくんないの?
つくるならどの言語でやんの?

56 :デフォルトの名無しさん:2006/09/24(日) 21:34:42
>>55
AIといえばlispだな
lispで作れ

57 :デフォルトの名無しさん:2006/09/24(日) 21:46:56
もう記号処理ベースのAIは限界なキガス

58 :デフォルトの名無しさん:2006/09/24(日) 22:03:49
生まれてからずっと引きこもっていて、外部とのコミュニケーションは2ちゃんねるとか、
ゲームなりメッセンジャーなりのチャットだけという設定のAIなら世界狭そうだから作れないか?w

59 :デフォルトの名無しさん:2006/09/24(日) 22:17:11
知能レベルが低すぎてAIとは呼べないんじゃない?

60 :デフォルトの名無しさん:2006/09/25(月) 09:39:54
人工低脳

61 :デフォルトの名無しさん:2006/09/25(月) 12:20:23
人工ニート

62 :デフォルトの名無しさん:2006/09/25(月) 19:18:14
>>58
それだけのものができたら十分だろ


63 :デフォルトの名無しさん:2006/09/26(火) 16:09:33
>>58
おま、ちょw バカス。すっごい馬鹿す。
愛おしい位のおばかチャン。

ゲームやメッセンジャーが使えて、ましてや2ちゃんねるでコミュニケーションって
相当なLvの能力だぞ。
そのどれもが、何か特定の事だけで完結してる情報共有媒体でなく。
相当な範囲の情報交換を基礎としつつ、それぞれ独自の形式を持ってる。
 さらに、それら自体が時間と共に変わっていくしその変化のスピードはとんでもなく速い。
ついでに言えば、文字を 文字 とだけ扱ってる以外にも、
w を笑う や (・∀・) を顔 としてなどの 定形外の処理も必要になるわけだ。
 他にも、言い出したらきりが無いが入力側がAIのために入力してるってわけじゃないので、
読解Lvもかなり多種多様。人間なら 日本語でおk。 と言いつつも推測は出来る文でも、
機械にはそうとうな難問だったりする。

正直、これが作れるんなら、人間を軽く凌駕するAIが作られるのも時間の問題だよ。

64 :デフォルトの名無しさん:2006/09/26(火) 17:22:49
>>63
それをするためには結局「世界」が欲しくなるからな。

2ちゃん専用人工無能から始めようか?

65 :デフォルトの名無しさん:2006/09/27(水) 21:25:34
>>64
winyって2chの有志でつくったんだよな
だったらおれらでつくれないか?

66 :デフォルトの名無しさん:2006/09/27(水) 21:28:11
>>65
凄い勘違いだなw
東大助手が一人で作ったんだよ。


67 :デフォルトの名無しさん:2006/09/27(水) 22:27:18
>>66
それは知ってるが2chで逐一公開して
助言を得ていたときいてる


話かわるがシーマンってゲームは
やったことないが
あれはAIに近いんじゃないのか?

68 :デフォルトの名無しさん:2006/09/28(木) 02:20:49
助言ってほどクオリティ高い会話ではなかった。

しーマンは人工無能もどき。

69 :デフォルトの名無しさん:2006/09/28(木) 09:59:58
X箱のヌードは?

70 :デフォルトの名無しさん:2006/09/28(木) 11:26:52
>>67
68の言うとおり、全部自分で作った。
2chでは会話していたが、プログラミングに関しては確か一切の助言は無かったはず。

ベータテストで、2ch利用して、ネットワークのテストをしたはず。
テストはたくさんの人が必要だったからな。

71 :デフォルトの名無しさん:2006/09/28(木) 22:08:44
AIとまったく関係ないが、UNIX事件でも実際手を動かしたのはごく少数だしな
ある意味、2chっていう「無知の集合の意志」みたいなのって、人工無能なような気がしてきた。


72 :デフォルトの名無しさん:2006/09/28(木) 22:14:46
野球やサッカーの実況アナウンサーなら、現在のAIと自然言語処理で作れるそうだ。

「打ったー大きい!!」
「中村からサントスへ」
「どうですか〜さん」
考えたら実況アナウンサーって難しい事話してない。
実況して解説者に話振ってるだけ…。

73 :デフォルトの名無しさん:2006/09/28(木) 23:09:37
本能ってもんを定義しないとAIの目的がないような気がしてきた

74 :デフォルトの名無しさん:2006/09/28(木) 23:46:05
>>68
シーマンが無能なら知能はなんなんだ?
区別がつかなくなってきた

>>71
意思がある時点で知能じゃね?

75 :デフォルトの名無しさん:2006/09/29(金) 00:38:49
とりあえずみなさん
人工痴能 うずら
でぐぐってください

76 :デフォルトの名無しさん:2006/09/29(金) 01:08:17
用はあれだろ?
世界をどうやってデータ化するか?
ってことじゃねーの?

いっそ”ループ”なみのシミュレーター作るとかww

77 :デフォルトの名無しさん:2006/09/29(金) 07:00:48
うずらのプログラムって実際におれらが
手に入れることできるのか?

78 :デフォルトの名無しさん:2006/09/29(金) 09:14:59
ヒントはたくさん出してくれてるわけだし、
頑張れば実装できるんじゃないかな?

79 :デフォルトの名無しさん:2006/09/29(金) 09:26:44
そもそもNNの入力と出力が分からん。NNって文字を扱うのに適してるようには思えないんだが…
GAで誰か作ればいいと思いますっ!

80 :デフォルトの名無しさん:2006/09/29(金) 15:00:01
>>77
作者と交渉次第で入手は可能じゃない?
ただ、それなりの見返りなり必要かもしれないが。

81 :デフォルトの名無しさん:2006/09/29(金) 17:09:15
うずらはプログラムも凄いがそれ以上に1995年から培って来た会話辞書が凄い

82 :デフォルトの名無しさん:2006/09/29(金) 20:03:58
>>79
形態素解析して単語の並びを「入力」とし、それに対する回答を
「出力」としてるんだろう。
上でも書いてあるが、「意味」でなくて文字列のパターンで出力を
決定しているのだろう。

83 :デフォルトの名無しさん:2006/09/29(金) 22:02:54
age

84 :デフォルトの名無しさん:2006/09/29(金) 23:33:06
あげ

85 :デフォルトの名無しさん:2006/09/29(金) 23:43:17
このhage

86 :デフォルトの名無しさん:2006/10/01(日) 12:19:50
>>82
どちらかというと連想記憶なんだろうな。

87 :デフォルトの名無しさん:2006/10/01(日) 12:41:23
そもそもAIって何なの?
具体例と共に詳細希望

88 :デフォルトの名無しさん:2006/10/01(日) 14:32:48
自我さえ望まなければいくらでも現時点の技術で作れる

89 :デフォルトの名無しさん:2006/10/01(日) 14:44:28
自我なんて飾りです。

90 :デフォルトの名無しさん:2006/10/01(日) 18:34:01
誰かパブリックドメインの国語辞書つくってくらさいおながいしまつ

91 :デフォルトの名無しさん:2006/10/01(日) 19:53:08
>>82
同じ方法でオセロなら面白いものが出来そうだ。

92 :デフォルトの名無しさん:2006/10/02(月) 20:45:08
人間だって普段たいして単語使ってないぞ
名詞除けば簡単なパターンが見えてくるだろ

93 :デフォルトの名無しさん:2006/10/02(月) 20:52:04
...だって...たいして...使ってないぞ
...除けば...な...が見えてくだろ

名詞を除いてみた


94 :デフォルトの名無しさん:2006/10/02(月) 21:00:51
天才降臨

95 :デフォルトの名無しさん:2006/10/02(月) 21:37:23
AIって学習機能が無いとダメだよね。
自動で第一原理を学習させる方法はあるの?
例えばニューロンの要素を必要に応じて増やすとか。

96 :デフォルトの名無しさん:2006/10/02(月) 21:57:32
うづらなら、
登録されていない単語が出てきたたら対応するニューロンを増やすんじゃない?
実際の人間の脳が、単語に応じてニューロンを増やしているとは考えにくいが・・・

97 :デフォルトの名無しさん:2006/10/02(月) 22:08:21
登録されていない事象を、既存の事象に置き換えて認識するのではなく、
新しい事象として認識するかどうかが問題だな。
過剰すぎても後進的過ぎてもだめだし。

98 :デフォルトの名無しさん:2006/10/03(火) 00:10:12
プログラムで仮想空間を作って、そこで原子や分子の反応をシミュレートして
酸素、二酸化炭素などを作るんだ。んでいろいろやってたら
そのうち分子が結びついてたんぱく質とかいろいろできて
単細胞生物みたいなのが出来るかもしれない!!!
んで、最終的に人間が誕生するのさ!

99 :デフォルトの名無しさん:2006/10/03(火) 00:38:46
いっそのこと脳細胞を使ったプロセッサユニット作ってしまえばいいんじゃね?

100 :デフォルトの名無しさん:2006/10/03(火) 00:52:31
そんなことしなくてもセックスすれば作れるじゃないか

101 :デフォルトの名無しさん:2006/10/03(火) 04:45:24
>>98
貞子も出てくる

102 :デフォルトの名無しさん:2006/10/03(火) 19:11:42
>>98
まだ人類は自然を完全に理解できていなんんだな・・・

103 :デフォルトの名無しさん:2006/10/03(火) 19:32:04
まだどころか,未だに新種の生き物が見つかるじゃんか.
そう簡単にシミュレートできるものか.

104 :デフォルトの名無しさん:2006/10/03(火) 19:42:06
いらない要素を削って、必要な部分だけを実装するのが本来の目的だからな。
空を飛ぶ機械を作るのに闇雲に鳥や蝶に似せれば良いのではない、というのと同じ。

105 :デフォルトの名無しさん:2006/10/03(火) 19:47:03
やっぱ先々週の少年マガジンのクロマティーに出てきたOSが一番理想的だな

106 :デフォルトの名無しさん:2006/10/03(火) 19:55:11
クロマティーってあの野球選手の?
サイボーグだったのか。

107 :デフォルトの名無しさん:2006/10/03(火) 20:18:04
>>105
クロマティーは終わった、アレは違う漫画だ

108 :デフォルトの名無しさん:2006/10/04(水) 01:26:16
カオスをデジタル化できれば結構いけるんだろうけど今のスパコンでも無理

109 :デフォルトの名無しさん:2006/10/04(水) 01:29:13
カオスをデジタル化
なんだそりゃ?

110 :デフォルトの名無しさん:2006/10/04(水) 01:35:37
0xE3 0x82 0xAB 0xE3 0x82 0xAA 0xE3 0x82 0xB9
カオスデジタル化できたよー

111 :デフォルトの名無しさん:2006/10/04(水) 02:38:33
入江知能

112 :デフォルトの名無しさん:2006/10/04(水) 03:31:42
>>107
全然区別がつきません><

113 :デフォルトの名無しさん:2006/10/04(水) 05:02:47
アナログなニューロン回路ってあるの???

114 :デフォルトの名無しさん:2006/10/04(水) 10:35:36
>>113
おまえ自身

115 :デフォルトの名無しさん:2006/10/04(水) 11:46:17
>>109
カオスモーズでも読めや

116 :デフォルトの名無しさん:2006/10/04(水) 21:19:29
カオスと人口知能どう関係があるんだ?
だったら脳の仕組みを解明したほうが早くね?

117 :デフォルトの名無しさん:2006/10/04(水) 21:55:07
脳の仕組みを解明したら人間並みの機械が作れる♪
などと安易に考えてる奴らには何も作れんだろうな。
どうせ知識人を気取って有名になりたいだけで、
一人でも作りつづけるみたいな強い意志はもってないんだろうよ。

たとえば生命。
「ソレ」に生命の機能が備わってるかどうかなんて関係ねーんだよ。
我々が何をもって生命と認識してるのかが重要なんだよ。
自己増殖能力があるものが生命?
馬鹿なこと言ってんじゃねーよ。
そういう奴らは生殖器を見ないと生命と認識できないっつーのかよw

118 :デフォルトの名無しさん:2006/10/04(水) 22:11:22
思ったんだけどさ、ニューロンの結合を他のニューロンに繋ぎなおすとかの
自己修正機能があればかなり知能的になるんじゃない?
あと、繋がりを再帰的にすれば数値計算とかもできそう。

119 :デフォルトの名無しさん:2006/10/04(水) 22:26:41
>>117
アニメにでも影響されてるのか君は?

120 :デフォルトの名無しさん:2006/10/05(木) 01:00:49
>>117
哲学板からバカが来たか・・・
哲学屋は死ねよ

121 :デフォルトの名無しさん:2006/10/05(木) 01:24:53
>>117
何がいいたいのかさっぱり分からないが、炭素を主成分として
自発的に動くモノが生命だろ。生殖器も呼吸器もイラン

122 :デフォルトの名無しさん:2006/10/05(木) 02:38:22
>>118
面白そうだ。
詳しく

123 :デフォルトの名無しさん:2006/10/05(木) 05:51:32
細胞をもたない生命体もいる
最も知能なんてないただデータをもった物質だがな

124 :デフォルトの名無しさん:2006/10/05(木) 07:16:58
>>122
・自己修正機能
具体的なアルゴリズムは思いつかない。
ただ、学習用のデータセットを出力だけじゃなくて、ニューロンの構成も含めたら、
学習が早くなったり、柔軟な(かつ弱い)ネットワークで出来る予感がする。
・繋がりを再帰的に
(忘却)

布団に横になって妄想しながら考えたので、実用性にかけるかもしれない。

125 :デフォルトの名無しさん:2006/10/05(木) 12:54:34
それって普通にニューラルネットワークの拡張じゃないの?
第一ニューロン何万個再現すれば、自己発現できるんだ?

126 :デフォルトの名無しさん:2006/10/05(木) 14:15:24
脳のエミュレータを作ってください><

127 :デフォルトの名無しさん:2006/10/05(木) 14:28:14
>>126
強姦でもしないと君には無理だね

128 :デフォルトの名無しさん:2006/10/05(木) 16:58:59
>・繋がりを再帰的に
シナプス結合が再帰的に行われることで、NNが自己の状態を入力値として自らに
入力することが可能になる?

129 :デフォルトの名無しさん:2006/10/05(木) 17:15:41
セルオートマトン?
状態遷移モデルとNNを同時に模索すれば不可能じゃない?

130 :デフォルトの名無しさん:2006/10/06(金) 14:57:17
知能はオートポイエーシスだ。
故に、AIはLISPでしか作れない!!

131 :デフォルトの名無しさん:2006/10/06(金) 15:23:56
プログラマがプログラミングでプログラムを超越しようなんておこがましいと思わんかね。

132 :デフォルトの名無しさん:2006/10/06(金) 17:11:43
パターンとパターンの合成ってどうすれば出来るだろう?
やっぱり知識を記述する言語がいるよな。
これがないと、知識を蓄え、利用できない。

>>128
NNをNNの入力とする・・・パターンのパターンを検出するということか?



133 :デフォルトの名無しさん:2006/10/07(土) 03:10:00
思ったんだけど、日常的な会話じゃなくて、文法に忠実な文章なら人工知能でも
理解させることが出来るよな?
利用者側からの入力に制限つければ簡単に実装できるんじゃね?

134 :デフォルトの名無しさん:2006/10/07(土) 04:20:13
知能のシミュレーションとは、つまるところ量子の振る舞いのシミュレーションだ。

135 :デフォルトの名無しさん:2006/10/07(土) 09:39:41
>>133
じゃあ、広辞苑か大辞林に載ってる「挨拶」の構文全てに対応させてみれ。
ム版らしくな。

簡単に実装できるんだろ?

136 :デフォルトの名無しさん:2006/10/07(土) 09:48:22
実装は出来るが、全ての挨拶のデータと、それに対応付くデータを作るのが大変です


ってオチじゃないかと

137 :デフォルトの名無しさん:2006/10/07(土) 10:02:12
曖昧さを許容しないのなら、DOSコマンドと変わらん気がする。

138 :デフォルトの名無しさん:2006/10/07(土) 18:41:31
世の中の言葉全部記録しておいてその中から最適なものを選ぶシステムにするのは?


139 :デフォルトの名無しさん:2006/10/07(土) 19:03:37
>>138
どんだけでかいテーブル用意する気だ?

140 :デフォルトの名無しさん:2006/10/07(土) 20:26:08
どう見てもネタにマジレスです
本当にあり(ry

141 :デフォルトの名無しさん:2006/10/07(土) 20:45:49
>>138>>140
此処はネタ話をするようなところじゃないだろ。どっちみち。

142 :デフォルトの名無しさん:2006/10/08(日) 00:36:49
10テラバイトぐらいあれば・・・

143 :デフォルトの名無しさん:2006/10/08(日) 08:17:23
>>136
あらかじめ用意するのが大変なら、学習させればよい。
webからデータを持ってくるという手もある。

144 :デフォルトの名無しさん:2006/10/08(日) 13:14:08
>>142
その、10テラバイトのデータは何処に保管するんだ?


145 :デフォルトの名無しさん:2006/10/08(日) 13:16:30
僕はホログラティックヴァーサタイルディスクちゃん!!

146 :デフォルトの名無しさん:2006/10/08(日) 13:55:10
>>144
いまどき10テラバイトぐらい問題ない。ハードディスクなら。
問題は検索の速度だよ。

147 :デフォルトの名無しさん:2006/10/08(日) 14:42:56
>>126
確実だが現実的ではないと考える。
理由は次の通りだ。人間の脳にある脳細胞の個数は約15億個であり、この数の神経細胞の
回路を想定したばあいに、少なくとも細胞1つあたり1byte使用するものとする。(電気信号の有無や、回路の働き(And,Or,Xor,Not)、演算結果の出力先等)
この時、パソコンの処理能力から計算した値での単位処理能力が、一秒あたり3億回としようか。
あまり遅い値ではない。3GHzのコンピュータでこの値を出すには一単位あたり10クロックで済ませなければならないし、メモリからの読み込みに2クロック、
論理演算に3クロック、分岐回数を数えるための物に加算することが3クロック、ジャンプ分岐で4クロックとするとそれだけで12クロック(ペアリング考慮時には8クロック程度)かかる。
これに加えて、論理演算の結果をメモリに出力しなければならないし、そもそも回路の種類によって分岐する必要がある。
さて、そうするとこの脳細胞シミュレーションプログラムは、少しの計算をさせるだけで5秒近くの時間を費やすことになる。
これでは人間からの問いかけに応答するまでに日が暮れてしまう。

また、どの細胞がどのような演算システムを持つかを考えた場合にもこれは都合が悪い。
何故なら、ランダムに組み合わせた回路から得られる値が取得したい値とは限らないためだ。
ランダムに作られた回路が常に正常動作する確立は・・・
人間の脳は10%ほどしか使われないらしいので、それを元に計算する。
手元にある計算機では厳密に計算することは難しいので概数で出すと、大きく見積もって10の187400000乗分の一といったところだろうか。
実現できるか?


ネタにマジレススマソ

148 :デフォルトの名無しさん:2006/10/08(日) 14:53:51
文章から命題を理解する為のアルゴリズムが分かったかもしれない。
しかしそれが実用的なものかどうかは実際に組んでみないと分からない。
それには大量のデータベースと、ある程度学習させたニューラルネットワークが必要。
なぜならば、そのアルゴリズムはネットワークと一体だからだ。

アルゴリズムが間違っていれば明らかに実装の努力が水の泡。
これは間違いなく妄想に終わる。

149 :デフォルトの名無しさん:2006/10/08(日) 15:09:49
>>147
>人間の脳は10%ほどしか使われないらしいので
嘘を信じちゃいかんぞ。

それから直列の計算機だけを想定しても説得力はないな。

150 :デフォルトの名無しさん:2006/10/08(日) 15:18:34
別に10%しか使われていないのなら、10%エミュレートすればいいだけじゃん。

151 :デフォルトの名無しさん:2006/10/08(日) 15:23:40
だから10%しか使われてないってのは嘘だってば(笑)

152 :デフォルトの名無しさん:2006/10/08(日) 20:32:08
人間の記憶とかは映像とかも含め総合的に覚えてると思うから
テキストだけだと難しいんじゃないのか

153 :デフォルトの名無しさん:2006/10/08(日) 20:50:41
>>152
そうだろうね。 匂いとか痛み、味覚なんかも重要なファクターだと思う。

154 :デフォルトの名無しさん:2006/10/08(日) 21:17:57
覚えてるだけじゃなくて、忘れるのも重要なファクターだよ

155 :デフォルトの名無しさん:2006/10/08(日) 23:25:40
つまり擬似AIはいくらでも作れるが本当の意味でのAIは今の俺達じゃ駄目だってことだな・・・
恐るべし生命の神秘

156 :デフォルトの名無しさん:2006/10/09(月) 13:39:30
ていうか脳って基本的に交感神経と副交感神経を使って
ホルモン分泌させたりするんだろ?
自律神経がどうとか俺にはよく分からないが
その辺をシミュレートしても意味ないから思考部分だけを実装すれば
15億個の細胞のうちの何億になるか分からないけど

どっちにしろ無理か・・・

157 :デフォルトの名無しさん:2006/10/09(月) 14:22:45
情報の側を制限すればいいんじゃない?
自然言語での会話などはどうしても対象物の身体性が絡むので、
知識が記号に集約しきれない。

158 :デフォルトの名無しさん:2006/10/09(月) 15:00:07
数学には身体性に依存する情報が無い

159 :デフォルトの名無しさん:2006/10/09(月) 23:34:12
人体をシュミレートできたならこの世から治せない病気なんてなくなりそうだね

160 :デフォルトの名無しさん:2006/10/09(月) 23:56:24
>>159
シミュレーションできるのと、現実の問題を解決できるとでは非常に大きな隔たりがあるぞ。
あと、恥ずかしいから趣味レートとか言うのやめれ。

161 :デフォルトの名無しさん:2006/10/10(火) 00:21:04
人工知能といってもいろんな分野があるから、一概には何とも言えないのが現状。
会話bot VSM etcetcetcetcetc...........................
もしこのスレが超汎用的な人工知能を作る事についての話し合いだとしたら、
学術的な何の味気の無い只のニューラルネットワークとプログラムの関連性ぐらいしかネタがない。

162 :デフォルトの名無しさん:2006/10/10(火) 00:31:20
果たしてニューラルネットワークが知能と言えるのかどうか。
ただの、強力なパターン認識のできる柔軟性に乏しい学習が可能なプロセスにしか見えないのだが。

163 :デフォルトの名無しさん:2006/10/10(火) 13:01:49
707 :メカ名無しさん :2006/09/27(水) 01:46:00 ID:72ooQiNe
ソースを書きコンパイルして実行→このながれをループさせる。プログラムは基本的な動きは4つしかないからこれを基にプログラムの命令をブロック(積み木のようにしたもの)を積み重ねては壊しを繰り返す。


708 :メカ名無しさん :2006/09/27(水) 01:48:25 ID:72ooQiNe
ブロック同士はスロットマシンのごとく無限の組み合わせを行えるようにする。また実行するプロセッサはプログラムをロジックレベルまで再現かつ実行できる汎用のFPGAを使う。実行中も書き換えてしまう可変IPになると思う。


709 :メカ名無しさん :2006/09/27(水) 01:49:49 ID:72ooQiNe
複雑怪奇な代物になるが破綻しそうな時は破綻しそうな部分は削除切り離しできるようにするフィルタを通す。プロセッサは実行・監視・バックアップを互いに行えるようにする。何が起こるか予測しにくくなるがとりあえず作れたら何かが起こると思う。


710 :メカ名無しさん :2006/09/27(水) 01:50:42 ID:72ooQiNe

余談だが128ビットではAIは無理だろうと聞いたことがある。256はいるだろうと。俺の妄想にお付き合いいただき感謝する。


164 :デフォルトの名無しさん:2006/10/12(木) 17:12:40
あげ

165 :デフォルトの名無しさん:2006/10/12(木) 20:27:18
AI作ってみようと思って構想を練ってみたんだ。
ほぼ無理なことに気付いた。
世の中視覚から得る情報が多すぎる。

166 :デフォルトの名無しさん:2006/10/12(木) 22:54:26
自己を書き換える、あるいは自己を複製するALのようなものが
進化の果てに知性のようなものを獲得することはありえないだろうか?

167 :デフォルトの名無しさん:2006/10/12(木) 23:00:43
>>165
俺も結局そこに行き着くんだけど、パッと見て全体の感じを掴める方法ってないですかね?
例えば将棋なんかで、人間の場合は一目でどこが戦ってる場所(駒がぶつかり合う場所)が
分かるけど、プログラムだと左上から1マス1マス調べないといけない・・・
まだ升目が少ないからそれでもいけるかもしれないが、、、
そこを解決しない限り前に進まない気がする

168 :デフォルトの名無しさん:2006/10/12(木) 23:07:22
リンゴを見て、食べて、臭いを嗅いでみてリンゴの情報を得るけど、
プログラムにはそれができないのが問題だ。


169 :デフォルトの名無しさん:2006/10/12(木) 23:09:05
それができたらマイラネ...

170 :デフォルトの名無しさん:2006/10/12(木) 23:15:26
というか,よく局所最適に陥るなんていうけど,単にもう少し
知覚できる範囲を広げるだけで,観測できる情報が一気に増えてよくね?

171 :デフォルトの名無しさん:2006/10/12(木) 23:50:28
局所最適って谷間のことでしょ?情報増えればいいってものでもないような…

172 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 02:15:39
視覚情報ってNNで実現できないの?
NNの量で解決できると思うんだが

173 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 02:43:51
どれだけ学習すれば使い物になるんだろうな…

174 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 05:36:20
生まれて間もない人間にもそんな事できるはずがない。
経験情報が少なすぎるんだ。

175 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 13:36:21
で、大量の経験情報を蓄積しようとすると、
ハード面での容量の壁と、read/writeの速度的限界が問題になると。
人間ってのはたった36度前後の発熱量で、とんでもねーことしてるって事だな。

176 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 13:55:26
ブドウ糖とかたんぱく質とかでAIつくろうぜ

177 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 13:56:24
まあ人工知能を知ろうとする度に
人間いや全ての事象の凄さに圧倒される

178 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 13:57:31
電子計算機でAIなんて所詮無理ぽ

179 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 14:34:53
>>1
すでに将棋のAIとかあるだろ、あとチェスとか。
それとも自我を持った無能な存在を想像しているんだろうか?

自我をもてば、主観性は個に存在し、周囲の情報を下に創造主の因果を
超えることができる、しかし反面がある、それは勝手な行動、勝手な
振る舞いを許すということになる。
戦車とかに自我があれば、勝手な判断で最初に用意した価値観を過剰解釈
し、勝手に無差別大量殺戮を行う選択も可能だということになる。
世の中は矛盾が沢山あり、それを回避するためには片方の矛盾を無視して
片方の理屈を通す必要がある。機械であれば矛盾を起こせば思考停止する
だろうけど、自動回避すれば最初の命題を無視し後から覚えた学習が優先
される価値観が生まれないことを祈るだけ。
自我のようなものが実装されるならば、ロボット3原則のようにな方法で
事象の判断で矛盾が出た場合の絶対的判断基準を用意しておかなければ
ならないはず。判断基準が破れる可能性はありえるけどな。

180 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 14:43:43
>>132
パターンと考えるから分からないだけ、NNなら中間層があるだろ?
そこで処理するもの。中間層は外部から観察できる類のものではない。
※NN=ニューラル ネットワーク
ちまたには抽象情報はメタ情報として蓄積する概念もある。
重み付けではなく、意味をもたせた関連付けで関連の為の法則なども
機能として定義しておくという前提が問題になるけどね。
基本にもどり判断されるべき情報の流れのフロー図でも書いて
多角的な面からデータを分析できる流れを考えてみたほうがいいな。
NNにしてもメタ情報のデータベースにしても学習やデータベースの
構築という段階は省略できない。自動ですべてを学習できるAIのような
物を考えていたら先には進めない。

181 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 15:57:53
>>179
自我は意識の定義と同じで、AI自身が自分の存在を確認した時に、それが自我といえる。
したがって自我はAIの挙動に関係ない。

182 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 16:13:46
>>181
9割同意。
でも、AIの知能といった物をどのように考えるかによっては、
自我を関連づけるのも完全否定しにくい所もある。


183 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 17:23:02
AIが試行錯誤して自分のAIを開発していくってのはどうかね?

184 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 17:47:31
>>183
最初のAIはどうやって作るんだろうな…

185 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 17:56:22
>>184
オレら自身<不完全なAI

186 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 20:30:20
不完全な愛

187 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 20:33:16
何をもって完全とするか。

188 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 21:53:28
結局ハードが進歩しないとAIは無理か…
脳みそって曖昧だけど物凄いんだな

189 :デフォルトの名無しさん:2006/10/13(金) 21:54:31
誰か作りださんと何ともいえんな。
俺はミジンコだから誰かが作り始めるのを待って協力する。

190 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 13:53:35
それは協力じゃない。
コバンザメとか、吸血とかそんなの。

お前なんか糞の役にもたたん

191 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 13:58:44
どうして実現できそうなところから作っていかないのか?
人間と同じAI妄想したって無理に決まってんじゃん。

192 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 14:08:14
生命や知能が何なのか理解できないから作れないだけだろ
定義できる奴なんてこのスレにいるのかよ

193 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 14:20:42
ミジンコから作ってみたら?

194 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 14:21:32
結局文句言うだけで何もしないんだから糞以下だな・・・
流れ的にせっかく初期のゴミプログラムが出てくると思ったのに・・・
空気嫁よ

195 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 14:23:10
>>189 = 他力
>>190 = ゴミ
>>191 = アイディアマン
>>192 = 無能
>>193 = 他力

作れるはずがねーよなwwwwwwww

196 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 14:25:36
>>195
Windows用で簡単にできるものなら書いてもいいけど。
自分で書いといてなんだけど、そもそもミジンコってなんだか知らないし。

197 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 14:27:17
読書時に、人間が呼んだ文章を音に変換できるプログラムが欲しい

198 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 14:45:16
呼んだ文章=音

199 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 14:57:17
>>195 = ゴミ
>>196 = 無知
>>197 = 他力
>>198 = アイディアマン

作れるはずがねーよなwwwwwwwwwww

200 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 15:07:14
『弱い犬ほどよく吠える』

この言葉にピッタリの奴らが湧いているようだ

201 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 17:46:33
>>200
>>200乙!!w

202 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 18:06:22
結局誰も作ろうとしないからアメーバが掲示板見てるのとなにもかわらねーなwwwwww

203 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 18:09:28
問題は作る技術が無いのと作ってどうするかってことだ

204 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 22:55:30
一騎当千おもスレええええええええええええええええええええ
これでえろがなかったら神だな

今董卓がしんだとこまでみた

205 :デフォルトの名無しさん:2006/10/14(土) 22:56:01
スマン誤爆した

206 :デフォルトの名無しさん:2006/10/15(日) 08:06:41
>>203
作る技術って具体的に何が必要なの?

207 :konisi ◆tAo.kQ2STk :2006/10/15(日) 08:40:06
>>206
203ではないが、AI作るって言う話で大体想像できるだろうに。

言語に対する文法の組み替えシステムとか、
単語表みたいなデータベースから最も適当な単語を引っ張り出してくるためのものとか。

208 :デフォルトの名無しさん:2006/10/15(日) 09:01:23
>>207
システムや物は技術じゃないですよね?
具体的にどういう技術が必要なのかっていう質問でした。

209 :デフォルトの名無しさん:2006/10/15(日) 11:07:16
>>208
すでにどんな技術が必要か考えたり調べたりする技術がないじゃん

210 :デフォルトの名無しさん:2006/10/15(日) 12:12:30
>>209
こういう掲示板に書き込むのも一つの調べる技術。

211 :デフォルトの名無しさん:2006/10/15(日) 12:56:59
日本語を理解させるのか?

英語のほうが理解しやすくないか?
文法的に。

212 :デフォルトの名無しさん:2006/10/15(日) 15:14:28
目的によって理解の定義が違ってくるな。
エキスパートシステムを作りたいなら、単に語句と関連する語句を繋げば良いだけだし。

213 :デフォルトの名無しさん:2006/10/15(日) 18:04:44
エキスパートシステムって…。いつの時代の話をしてるんだ

214 :デフォルトの名無しさん:2006/10/15(日) 18:14:24
20年前のおねだんです

215 :デフォルトの名無しさん:2006/10/18(水) 17:43:04
合理的にAIを考えればデータベースそのものになる。
なぜなら意味を情報処理しているから、脳の本質では意味を処理する前に
無意味を処理している、この無意味について何も知識が無いオマイラと
何も興味を持ってないオマイラにデータベース以外の手法なAIを想像できる
わけないだろ。
無意味は抽象概念を意味という流れを使わずに処理する概念であり。
ニューラルネットワークでも中間層が抽象的概念を曖昧なまま情報処理
することに意味がある。

216 :デフォルトの名無しさん:2006/10/18(水) 17:49:09
何も知らない奴は、AI云々を語る前に科学哲学を齧る程度で良いから学んで来いと俺は言いたい。

217 :伝説新人タクシ:2006/10/18(水) 19:03:54
世界の現状を知らない奴は愛を語る前に保健体育をAVでいいから学んで来いといいたい。
結局男女関係なんだってわかる。

218 :デフォルトの名無しさん:2006/10/18(水) 19:35:29
>>216
哲学板にかえれ、ゴミクズwwwww
お前らの住処は俺が破壊したがなwwwwwwwwwwwwwwww

219 :デフォルトの名無しさん:2006/10/19(木) 15:05:59
>>218
バブルを崩壊させたのは僕です
と胸を張って言っている某氏を思い出した。

220 :デフォルトの名無しさん:2006/10/20(金) 11:32:19
哲学板などを荒らしているやつはここでも荒らしかよ。
病院を紹介しようか?

221 :デフォルトの名無しさん:2006/10/20(金) 11:57:36
ははは、どうやら俺の作った人工無脳は順調に動作しているようだな。

222 :デフォルトの名無しさん:2006/10/20(金) 13:23:33
そもそも知識って色々試行錯誤してわかっていくもんなんだと思う。人間も生まれてから全身を使って呼吸をしようとしてスムーズに呼吸できるようになるし、体を色々動かして、体を動かすっていうことを学んでるんだろうなと。

223 :デフォルトの名無しさん:2006/10/20(金) 13:46:02
>>222
何か勘違いしてる事をいい加減自覚して欲しいよ。

224 :デフォルトの名無しさん:2006/10/20(金) 18:15:38
おれの中の人口無能も着実に進化してる

225 :デフォルトの名無しさん:2006/10/20(金) 18:28:38
>>223
自演乙

226 :自律増殖するオブジェクト:2006/10/21(土) 01:39:30
     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/< 先生!デキマスタ! 査読ヲ オ願イスマス!
 _ / /   /   \ PDF投稿スマス! オプソデヤラセテクダサイ!
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\  \_______________
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          || 


227 :デフォルトの名無しさん:2006/10/21(土) 05:58:20
脳みその記憶ってNNなのか?
NNの重みが記憶を保持しているのか?
そしそうなら、NNで記憶を保持する記憶装置で抽象情報の問題は
解決しないかな?

228 :デフォルトの名無しさん:2006/10/21(土) 07:59:52
>>227
NNっぽいことはしてるだろうが、
どんなふうになってるか分かってない。ってのが現状だったはず。


229 :自律増殖するオブジェクト:2006/10/21(土) 12:44:57
早くネットにウプしたい....(´・ω・) ショボーン
「超バカ」とか「トチ狂ってる」とか言われたらドーシヨー。



230 :デフォルトの名無しさん:2006/10/21(土) 15:44:38
好きにするが良い。

231 :デフォルトの名無しさん:2006/10/21(土) 16:24:44
このスレには哲学屋を目の上の瘤のように嫌ってる奴がいるみたいだな。
なぜ嫌うのか?
それは、そいつが過去に哲学屋と戦ってコテンパンにやっつけられたからだろwww
だから哲学屋を見るとその忌まわしき過去を思い出してしまうというわけだ。
まさに負け犬wwwww

232 :デフォルトの名無しさん:2006/10/21(土) 16:55:00
>>231
>なぜ嫌うのか?
>それは、そいつが過去に哲学屋と戦ってコテンパンにやっつけられたからだろwww

それは少々短絡的に過ぎる結論だ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%93%B2%E5%AD%A6
>哲学への批判
>哲学は、「諸学を統べる究極の学である」すなわち「万学の王」とされた時代も過去にはあり、
>その時代には、特にその伝統が培われた西洋の諸学問の中では、極めて重要な位置を占めていた。
>だが、現代では、「哲学はむしろ根本的な欠陥を抱えている」、
>「非生産的で無価値な学問分野である」、などとして、しばしば厳しい批判にも晒されている。
>学問分野として全面的な否定や揶揄の対象にされることが多い点も、哲学ならではの特徴といえる。
>ちなみに、この批判の中には、哲学者とされる者によって展開されるものも含まれ、
>そのような批判が一つの哲学的立場になっている場合もある。

プログラマってのは元々実証性を重視する香具師が多い。
動かないコードより、動くコードの方が意味があるからな。

233 :デフォルトの名無しさん:2006/10/21(土) 17:24:22
確かに百聞は一見にしかず、概念云々を長々と語り何も実を成せない議論よりも、
結果に直結するコードを書いた奴の方が重要性は高い。

234 :デフォルトの名無しさん:2006/10/21(土) 19:09:42
>>233
じゃあコード書いてみろよ、負け犬w
結局お前ら負け犬は哲学屋には勝てないんだよww

235 :デフォルトの名無しさん:2006/10/21(土) 19:17:56
>233
勝つ?
何を持って勝利と定義するの?

236 :デフォルトの名無しさん:2006/10/21(土) 19:24:31
>>233
どうだ、赤くなったろう

この流れ見てると、「プログラマに数学は必要か」を思い出すな。

237 :デフォルトの名無しさん:2006/10/21(土) 22:11:48
漏れが予知する、おまいら全員、AIを作れない、
以上

238 :デフォルトの名無しさん:2006/10/21(土) 22:25:08
おれもそう思う。コード書けやゴラァ。

239 :デフォルトの名無しさん:2006/10/21(土) 22:45:05
ここはクレクレ厨のくるところじゃねーの。わかる?
ガキみたいにせがんでないでテメエで作れよ。
そもそも、こんな場所でまともなソースコードを晒す奴なんていないだろ。
そんなにAIの知識が欲しいならウイルス拾ってきて逆アセンブルしろよ。
AIで一番進化してんのはウイルスだろうが。

240 :デフォルトの名無しさん:2006/10/21(土) 23:13:45
クレとは云ってない。無意味だと

241 :デフォルトの名無しさん:2006/10/21(土) 23:37:01
>AIで一番進化してんのはウイルスだろうが。

どこがAIなんだよ・・・
常識的に考えて。

242 :デフォルトの名無しさん:2006/10/21(土) 23:56:03
>>241
人口生命と人口知能を混同してるんじゃないかな?

243 :デフォルトの名無しさん:2006/10/22(日) 00:13:11
論理的思考の欠落

244 :デフォルトの名無しさん:2006/10/22(日) 00:27:48
>>241
マジレスすれば俺は悪玉ウイルスのことだけを言ってるんじゃないの。
善玉ウイルスだってあるだろ。知らんのか?
とにかくウイルスってのはな、その性質上PC上で生き残らないといけないわけよ。わかる?
敵はユーザであったりアンチウイルスであったりするわけ。
どうしたら上手く生き残れるのか?ということをつきつめて考えれば、必然的に知能が必要になるんだよ。
たとえば、自身を暗号化したり、変形させたり、隠れたり、自己を複製したりする能力。

それにだな、最近のアンチウイルスソフトってのはパターン認識を用いてウイルスを駆逐するわけ。
つまり、ウイルスのほうもそれに対抗できる人工知能を搭載しないといけないというわけよ。
もちろんAI(と呼べるだけの能力・機能)を搭載してないウイルスもあるが、そんなのはゴミ。
ここで議論する価値もねえよ。

>>242
誰が混同してんだよ。人工知能学会のウェブサイト見ればAIの定義くらい載ってんだろ。
消え失せろ。

245 :デフォルトの名無しさん:2006/10/22(日) 01:13:10
>>244
現在のウィルスについているのは機能。
将来的に危ないのが、自らが自覚して場合に応じて
処理を選ぶような知能を持った貴方の言うウィルス。

246 :デフォルトの名無しさん:2006/10/22(日) 02:00:23
おいオマイラ!!!
難しいこと考えてないで子作りに励もうぜ!!!!!

247 :デフォルトの名無しさん:2006/10/22(日) 02:22:57
>>246
うるせっ!
相手が居ねぇだよ!
氏ね!

248 :デフォルトの名無しさん:2006/10/22(日) 02:32:22
ウイルスとかどうでもいいから女の子AIお願いします

249 :デフォルトの名無しさん:2006/10/22(日) 11:00:18
>>244
それこそ、環境適応、選択と、いわゆる遺伝の問題であって、知能のレベルの問題じゃないだろ。


250 :デフォルトの名無しさん:2006/10/22(日) 12:20:12
DNAコンピュータが発展すれば人工知能が出来そうだ。

・・・え? なんだって?

251 :デフォルトの名無しさん:2006/10/22(日) 12:29:37
コンピュータウィルスは勿論だが、自然界においても
知能を持ったウィルスが発見されたことは無かったと思う


252 :自律増殖するオブジェクト:2006/10/23(月) 00:40:29
     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/< 先生!投稿スマスタ!
 _ / /   /   \  査読ヲオ願イスマス! オプソデヤラセテクダサイ!
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\  \_______________
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          || 

253 :デフォルトの名無しさん:2006/10/23(月) 22:16:23
一家に一台 タチコマ!

254 :デフォルトの名無しさん:2006/10/25(水) 21:21:21
糞アニメなんか見てんじゃねえぞ馬鹿野郎!

255 :デフォルトの名無しさん:2006/10/26(木) 16:31:12
所詮は作られた通りに動くもので、作られた以上のことはできない。
それは作った時の意味を守るからだろ。
例えば殺人をしてはいけないロボットAIを作って、殺人が出来れば
それは作った時の意味を超えたAIといえる。
もちろん解釈の仕方が間違ったとか、誤動作でじゃない。
目的を再構築する能力があるかどうかの問題。

殺人AIがほしいか?そうか?そうですか。(ry

256 :自律増殖するオブジェクト:2006/10/26(木) 20:43:11
        .__
        ,.._,/ /〉___o ○(…オプソ プロジェクト..)
      ./// //──∧_゚∧ ─::ァ /|
     /// //~~'~~(‐∀‐ ,)~~/ / .|
    .///_//     "'''"'''"'" / /  |
   //_《_》′─────‐ ' /  ./
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  /
    |                 .| ./
    |__________|/


            __
       ,.__=≡/ /ガッ _____
      .// =≡/ /∧__∧:─::ァ /|
     // =≡/ / i#)`Д´)../ / .|
    .// =≡/_/ /"'"'"'"" / /  |
   // =≡〈,'/〉゙:───‐' /  ./
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  /
    |                 .| ./
    |__________|/

257 :自律増殖するオブジェクト:2006/10/28(土) 17:29:00
     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/< 先生! 次の論文(PDF)の表題が出来マスタ!
 _ / /   /   \___________
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||

258 :デフォルトの名無しさん:2006/10/29(日) 22:05:51
>>257
またしょうも無いことを。

259 :デフォルトの名無しさん:2006/11/18(土) 14:11:28
age

260 :デフォルトの名無しさん:2006/11/18(土) 14:54:21
まじめなところ動物は環境によって思考と遺伝が変わる。
環境を定義してデータにできればアリみたいのは作れそう。

ちなみに経験のみから発する言語はオウム返しみたいに ”環境の一種” と考えられてるので・・・
しゃべる = 餌 、 餌欲しい = しゃべる みたいな 確証バイアス を成立させればできるかも。

が、どんなデータ構造にすればいいのかわからん。

最近読んだ本の内容をかいてみたり
「動物感覚〜アニマルマインドを読み解く〜」


261 :デフォルトの名無しさん:2006/11/18(土) 15:09:25
>>260だけど
誰か一緒に考えない?

262 :デフォルトの名無しさん:2006/11/18(土) 18:02:00
最適化を続け、キーを型レベルで自動生成するマップみたいなコレクション。
小脳をプログラムに当てはめるとこんな感じなのだろうか。奥が深い分野なんだろうな。

263 :デフォルトの名無しさん:2006/11/18(土) 18:39:55
人工アナル

264 :デフォルトの名無しさん:2006/11/18(土) 19:07:15
この本が面白かった。筆者の仮説が正しいとは限らないけど、
アプローチとしてはアリだとおもう。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4270000600/

予測中心の考え方は、確証バイアスに近いかな?
データ構造のヒントになると思う。

265 :デフォルトの名無しさん:2006/11/18(土) 20:35:11
>>264
いいかげん他人任せの思考は止めておけyo,一生そのまま。
コピー社会のウリナラと同等だと評価されるだけよ

266 :デフォルトの名無しさん:2006/11/18(土) 20:52:50
何処が他人任せだ?
こういう説もあると言っているだけだろう

267 :93 ◆D7AEs5WcGI :2006/11/18(土) 20:58:55
ちなみに>>260なのですが今後こちらでたまに活動しますね。


268 :デフォルトの名無しさん:2006/11/20(月) 02:02:26
>>266
他人の言葉で語るのは他人任せに見えるが。
自分の言葉で語れよw

269 :デフォルトの名無しさん:2006/11/20(月) 02:03:57
>>267
理屈だけ、つまり論理手順のみの方法論だけで考えていませんか?


270 :デフォルトの名無しさん:2006/11/20(月) 05:19:18
>>269
コンピュータは論理回路の化け物だから、論理的な事は必ず実現手段が存在する。ハズ

271 :デフォルトの名無しさん:2006/11/21(火) 01:38:23
>>270
その考えだと、論理手段が存在しないものはコンピュータには処理できない
という答えになるんじゃ?

272 :93 ◆D7AEs5WcGI :2006/11/21(火) 02:02:46
>>271
論理的な回路で出来ているから、論理的な処理は実現しやすい。
だから、チェスのAIとか決まった範囲の論理しか実現できてない。
(問題は動物の行動を人間が勝手に ”なになにしてるのかな?” って予想or判断してる点)

現在のPCでは論理的ではない内容は無いでしょ。
CPUレベルでは論理回路で処理してるわけだから、その論理性が大規模になりすぎて論理的にみえないだけじゃない。
その辺はもはや哲学の域だから自分では判断できないけど。

そういえば、量子コンピュータはたまに不可解な不確定要素が発生するらしい。
True,False, ? の中間・・・

273 :デフォルトの名無しさん:2006/11/21(火) 08:46:40
>>272
不具合が不特定な外的要素と絡み非論理的な振る舞いをする場合は存在するだろ。
たまたま偶然に起きたものが、外部からみたら意味のある動作となったときに
それを無視する訳には、、、
現状のように多様化し、不具合すら治さずに放置してある巨大OSの環境で
特定できない外的要因はメモリ上に沢山あり、不具合が因果してしまった
場合は、またそれを利用するハッカーなどがいたら?
意味不明な不具合が意味のある不具合としてシステムに機能として介入できないか?
もともとプログラムは設計者の意図したとおり動くものだが、カットペースト
してコピーを普通に行われるプログラムや、例外処理という言葉すらしらない
DQNな香具師が無意味なコードを書き論理的ではない現状を部分的に
無意識化で作り出してないか?(故意ではなく考えなかった)
論理的に見えないのではなく、システムが複雑になる、大規模も規模が
一定以上に飽和すれば極僅かな、例えば1兆個の問題点の1つが何かしら
意味のあるコードとして動いたとかは考えられるよな?

>現在のPCでは論理的ではない内容は無いでしょ。


274 :デフォルトの名無しさん:2006/11/21(火) 10:29:59
>>273
現在のPCでは不都合だって論理的に語ることのできる内容が殆どかと。

偶然の範疇に入るのは、
ハードウェアの物理的な欠陥から生じること位じゃね?

275 :93 ◆D7AEs5WcGI :2006/11/21(火) 17:20:13
>>273
落ち着いて
>>その論理性が大規模になりすぎて論理的にみえないだけじゃない。
と、書いてる。
不具合にしても良いものは発見、悪いものはバグって分けてるだけだし。

どんなの作るべきか。
言語系のAIは動物の進化からみて一番最後でいいと思ってる・・・


276 :デフォルトの名無しさん:2006/11/21(火) 19:02:07
じゃぁ誰か金魚の人工知能作ってくれ。

277 :デフォルトの名無しさん:2006/11/22(水) 09:05:24
>>275
>不具合にしても良いものは発見、悪いものはバグって分けてるだけだし。
不具合なんてありません、仕様です。悪いものも仕様は仕様。
バグは製品が出る前の仕様からはみだした部分だろw
妄想もその辺にしておけw

278 :93 ◆D7AEs5WcGI :2006/11/22(水) 11:24:15
朝鮮人の常套手段のあれですか、Microsftがよく使う。

279 :デフォルトの名無しさん:2006/11/23(木) 08:45:47
>>278
あなたは神ですね?

280 :93 ◆D7AEs5WcGI :2006/11/23(木) 09:32:35
金魚のAIを組んでみましたが、微妙だな

遺伝設定を与えすぎると動くことを恐れて動かなくなるという・・
正にニートAIを作ってしまった。

ボイドとかで逃げるのはだめ?

281 :デフォルトの名無しさん:2006/11/23(木) 10:55:14
>>279
神とは、触るものではなく、触ると祟られます。

282 :デフォルトの名無しさん:2006/11/25(土) 22:03:31
基本的なアルゴリズムは、
・試行錯誤による成功率のデータ蓄積
・そのデータに基づいた行動
AIが自動でアルゴリズムを生み出さなければいけない。
低水準な振る舞い以外プログラマが手を出してはいけない。

283 :デフォルトの名無しさん:2006/11/25(土) 22:10:58
脳を自分の思う形で再現しりゃいいんだよ。たぶん。

284 :デフォルトの名無しさん:2006/11/25(土) 22:13:54
今アミノ酸組み合わせて脳を作ってます。

285 :デフォルトの名無しさん:2006/11/25(土) 23:32:22
NNがどのくらい使えるか試してみたくてこんなの作ってみた。
とくに意味はないです。
ttp://www.cattaka.net/index.php?NNGrapher

286 :デフォルトの名無しさん:2006/11/26(日) 06:30:38
>>285
変なところに飛ばされますが。

287 :デフォルトの名無しさん:2006/11/26(日) 21:59:03
>>285
どっかでボンバーマン作ってた人だw

288 :285:2006/11/27(月) 01:04:23
>>287
知ってる人がいたΣ(・ω・)
とりあえず人間の入力パターンをNNに記憶させて
それをそのままAIに使えないかと思案してたのですよ。
その手始めに画像でも記憶させて見たんですが、いまいちっぽいです。
チューニングが難しそうです。
論文漁った方が良さそうな気もしますね。


289 :デフォルトの名無しさん:2006/11/27(月) 01:12:11
画像だったら連想記憶あたり?

290 :デフォルトの名無しさん:2006/11/29(水) 16:19:05
>>288
音をレベル値、瞬間の時間値だけで評価するようなモデルじゃないのか?
RGBとか、単純化した物であれば。いまいちではなく正しく動いていると
思われ。
単純化して考えるのはいいけど、それから複雑さが生まれるとは限らないような
気がするが。

291 :288:2006/11/29(水) 19:15:19
>>290
画像の描画に関してはノード数、隠れ層の数、学習率をいじれば綺麗に描画できました。

今回考えているのは入力として世界の状態を、キャラの操作を出力としてNNを構築して、
人のプレイ中の操作を解として学習させれば、
人の操作を真似するAIが作れるのではないかと考えたわけです。

ただ入力のモデル化の方法とか学習方法とかが沢山あるし
学習に時間がかかるのでその辺りを探る手間を考えたら
AIのアルゴリズムを考えた方が早いかもしれないですね。


292 :デフォルトの名無しさん:2006/12/03(日) 23:31:19
出来るだけ単純なルールで十分な複雑さを持ったゲームで強いプログラムを作るのが面白そう。
Robocodeってのがあるけど、あれよりもずっとシンプルなルールがいいと思う。

良ければ先ずはどんなゲームがいいか提案していってくれ!
言いだしっぺの俺からはとありあず「複数のプレーヤー」を提案

293 :デフォルトの名無しさん:2006/12/03(日) 23:55:03
>>292
単純なルールで十分に複雑な・・・
つ ルービックキューブ
つ ナンプレ

294 :デフォルトの名無しさん:2006/12/03(日) 23:57:29
>>292
つ 囲碁

295 :デフォルトの名無しさん:2006/12/04(月) 00:13:44
>>292
「いっせーの3」とか言って指を上げた数と同じならいいってやつ。
3人以上でやると色々考えることが出てくる。

ってゲーム理論の分野か。

296 :デフォルトの名無しさん:2006/12/04(月) 05:16:39
囲碁は定石をトレスさせるだけ、指上げはランダムでしかないじゃん。
迷路を最短距離で抜けるとかの方が知能っぽい。

297 :デフォルトの名無しさん:2006/12/04(月) 05:53:30
>>296
定石をトレスさせるだけ…
それで良いのだったら今ごろCOMがプロ棋士に勝ててるよw


298 :デフォルトの名無しさん:2006/12/05(火) 14:03:00
>>297
ヴァカだねww。複雑な作業をする定石をトレスしていないだけ。
勝負事に勝つには戦わずに勝つ、これが必勝。
建前しか見てないモマエ如きに本意を理解できる訳ないだろうけど。


299 :デフォルトの名無しさん:2006/12/05(火) 15:13:44
特に理由は無いけれど、試行錯誤の結果生成されたあまり役に立った事の無いニューロンが過剰反応している。
これをゴーストがささやくと言う。

300 :デフォルトの名無しさん:2006/12/05(火) 21:25:39
流石に人工知能ってスレタイ付いてるところじゃ
>>298程度のつりじゃダメだろ、常識的に考えて

301 :デフォルトの名無しさん:2006/12/05(火) 21:31:49
どうでもいいが、最新の人工知能のレベルどのくらいなんだ?
金魚並み?

302 :デフォルトの名無しさん:2006/12/05(火) 21:40:36
その質問事態が既に人工知能をわかって無いじゃないか…

303 :デフォルトの名無しさん:2006/12/05(火) 22:19:50
知能に知識を用いるのはどうかと思うが、学習機能は欲しいだろうね。
たとえばジャンケンするシステムで、こっちが後だしすると
次回から相手が出すのを待ってから出そうとするとか。
あるいは正正堂堂やって負けてからは自然発想的に後だしするようになったりね。
つうかずる賢い奴ができそうだが…。理性を持たせることはできるのだろうか。
将棋や囲碁なら、ちゃんと時間制限を守ったり、勝ち目が無いと悟ったら自ら投了したり。
碁盤を引っ繰り返したりなら簡単だよな、時間切れまでに手が見つからなければ
例外処理にシャットダウン入れとけばいい。

304 :デフォルトの名無しさん:2006/12/07(木) 03:02:56
俺もシャットダウンしたい

305 :デフォルトの名無しさん:2006/12/08(金) 02:52:03
>>300
負け惜しみかよ

306 :285:2006/12/12(火) 19:53:38
現在アクションシューティングのCOMを
ニューラルネットワークで出来ないかと暴挙に及んでます。
とりあえずそれらしくは動くようにはなったけれど
学習が足りないのか、使い方が悪いのか、そもそも無理なのか、
課題はいっぱいのようです。
ttp://www.cattaka.net/index.php?Bakutan
とりあえずAIを一体常駐させてます。

307 :デフォルトの名無しさん:2006/12/21(木) 00:28:22
パソコンを体として、エンコとかしてると疲れて嫌になって起動させない様なOS作ろうぜ。

308 :デフォルトの名無しさん:2006/12/21(木) 07:04:58
>>307
OSのジョブスケジューリングはすでに似たようなことをやっている

309 :デフォルトの名無しさん:2006/12/21(木) 23:14:04
じゃあそれを利用して好きか嫌いか位答えるアプリつくろんぜ

310 :デフォルトの名無しさん:2006/12/24(日) 19:15:23
みんなへ
人工知能の基本について学びたいのだが、
良い書籍を教えてください。
初級者向け、中級者向けといった感じで教えていただけたら、
なお、嬉しいです。

311 :デフォルトの名無しさん:2006/12/24(日) 19:23:55
人工知能概要
図書館で適当に漁るのは駄目なのか

312 :デフォルトの名無しさん:2006/12/24(日) 19:38:30
>>310初心者向けなら、
マッチ箱の人工知能?
とか言うやつがかなり簡単な所から始まって、ある程度の範疇を網羅してる。
正直、それなりのLvを期待するならProgram能力はモチロン、
色々な数学関連等を独学でやったほうがいいと思うよ。
良い感じに纏まった本がなかなかないし、内容も微妙なのばっか。

どうしてもAIってのが範疇広いから、なにか一箇所に絞るか
いっそうの事、専門的高度まで高めてしまうかしないと
本に纏まりきらないじゃないかなぁ。

313 :デフォルトの名無しさん:2006/12/24(日) 19:39:53
本気でAIやろうとしてる人なんて居るのかよ
どうせ数学ついでにAIとか、lispついでにAIとかなんだろ

314 :デフォルトの名無しさん:2006/12/25(月) 01:27:45
不完全でもいいから試しにAiを作ってみないか?

315 :デフォルトの名無しさん:2006/12/25(月) 14:30:08
    ∧_∧    AI?ボコボコにしてやんよ
+..   ( ・ω・)=つ ..+
    (っ ≡つ   .. ,
とりあえずマッチ箱の人工知能?
をアマゾンで買ったから、少し待ってな!

316 :デフォルトの名無しさん:2006/12/26(火) 01:57:34
>>310
エキスパートシステムでも自作すればいい。

317 :315:2006/12/28(木) 19:19:30
    ∧_∧    AI?ボコボコにしてやんよ
+..   ( ・ω・)=つ ..+
    (っ ≡つ   .. ,
きょう人工知能概論がアマゾンから届いたぜ!
しかしコレ、値段の割りにウスィーな。
人工知能のジャンルを広く浅くって感じだ。
ソースが書いてない、アルゴリズムの解説書なわけね。

318 :デフォルトの名無しさん:2006/12/28(木) 20:50:27
>>317
なむ

319 :デフォルトの名無しさん:2006/12/29(金) 03:55:50
>>317
O'REILLYのゲーム開発者のためのAI入門は
実例とソースコード(サイトからダウンロード)があるから把握しやすいよ。
参考文献とかもいっぱい示してくれてるのはいいんだけど、
英書ばっかりなのでこっちはちょっと(´・ω`)


320 :315 :2006/12/29(金) 04:06:37
    ∧_∧    AI?ボコボコにしてやんよ
+..   ( ・ω・)=つ ..+
    (っ ≡つ   .. ,
>>319
アドバイストンクスです。
お金が出来たら買ってみます。
自分はC言語とアセンブラが少し出来るくらいなんですが、
ゲームの「どこでも一緒」みたいな奴を作りたいなとこのスレ
読んで思ったんです。
どこでも一緒も一応AIですよね?
とりあえず、もう少し勉強してみます。

321 :319:2006/12/29(金) 13:28:02
>>320
僕が作ったわけじゃないけど推測するに
「どこでも一緒」は人工無脳と有限状態機械のハイブリットじゃないのかな?
ちなみに人工無脳は>>319の本には載ってないので悪しからず。
#字が人工無脳と人工無能の両方でググってみるとよろし


322 :315:2006/12/29(金) 21:57:03
    ∧_∧    AI?ボコボコにしてやんよ
+..   ( ・ω・)=つ ..+
    (っ ≡つ   .. ,
>>320
アドバイス有難うございます。
人口無能は載ってないんですか・・・
今日、「マッチ箱の脳」

「はじめてのAIプログラミング」
という本がアマゾンから届きました。
「マッチ箱の脳」は「人工知能概論」を易しくした感じ。
「はじめてのAIプログラミング」はなんと
名前に似合わず新しい本でなんと初版でした!
C言語じゃなくてもっと現代的なoopで本を書けばいいのに。
Cが分かる自分には有難いですけど。
自分はこの本を読みながら作っていきますね!
でも、人工知能だから関数型言語使いたいなぁ!


323 :デフォルトの名無しさん:2007/01/02(火) 23:15:22
大富豪プログラム作ろうぜ。ルールはYahooゲームの大富豪を採用。

プレーヤーは4人で、大富豪2点、富豪1点、貧民-1点、大貧民-2点での6ポイント制

ジョーカー:
ジョーカーを2枚含める。最強のカード。また、他のカードとして使用しても良い。

革命:
同じ数字のカードを4枚出すと、カードの強さが逆転する。
通常のカードの強さ 3<4<・・・<K<1<2(ジョーカーは常に最強)

都落ち:
大富豪が最初にあがれなければ、大貧民になる。

8切り:
8を出すと場が流れる。ただし、8のみを出した場合だけ(複数枚、ジョーカーと併用可)

ロック:
同じスート(マーク)のカードが連続して出された場合、それ以降はジョーカーか同じスートのカードしか出せなくなる。

反則あがり:
特定のカードを最後に出すと反則で大貧民になる。
1. 最後に出したカードに「ジョーカー」が含まれている。
2. 革命が起きていないときに、最後に出したカードに「2」が含まれている。
3. 革命が起きているときに、最後に出したカードに「3」が含まれている。
4. 最後に出したカードに「8」が含まれている。

また、反則あがり二人、都落ちの人がいた場合は都落ち、先に反則あがり、後に反則あがりの順で最下位になる。

詳細はここで
http://games.yahoo.co.jp/games/rules/mm/mm1.html

324 :デフォルトの名無しさん:2007/01/02(火) 23:31:54
コンピュータ大貧民大会ならもうあるがttp://www.tnlab.ice.uec.ac.jp/daihinmin/

325 :デフォルトの名無しさん:2007/01/03(水) 20:22:53
>>324
そこを見てやってみたくなりました。

ポイントを間違えてました。
×大富豪2点、富豪1点、貧民-1点、大貧民-2点
○大富豪2点、富豪1点、貧民0点、大貧民-1点

326 :デフォルトの名無しさん:2007/01/04(木) 15:46:36
長門はAIなんですか?

327 :デフォルトの名無しさん:2007/01/04(木) 16:46:51
死ねカスage

328 :デフォルトの名無しさん:2007/01/04(木) 18:39:50
>>326
あれは単なる情報統合思念体のインタフェースだ。
操作者と人間の間であれを通じてやりとりしてるだけ。
というか、ここは現実的な技術系の板だから、
ここで結論だせないような話題はラノベ板かアニメ板かSF板へ行けw

329 :デフォルトの名無しさん:2007/01/04(木) 21:24:24
ネタにマジレスかこいい

330 :デフォルトの名無しさん:2007/01/05(金) 07:40:49
>>328がごちゃごちゃ言ってるが、>>326
長門がAIなわけないだろ。
詳しくはここを読め。ちゃんと写真までついてるから
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E9%96%80_(%E6%88%A6%E8%89%A6)

331 :デフォルトの名無しさん:2007/01/05(金) 11:18:03
>>330
開かなくてもあらかた見当がつくねたを振ってしまう
木久蔵師匠みたいな知能もあるんだなぁ
こういう性癖もAIには組み込まないとな

332 :デフォルトの名無しさん:2007/01/21(日) 01:16:58
>>331
魂が行動や思考を自然淘汰的にさせるのが性癖じゃないのか?


333 :デフォルトの名無しさん:2007/01/21(日) 08:37:20
自分をプログラミングできれば後は自分のAIが何とかしてくれる

334 :デフォルトの名無しさん:2007/01/21(日) 08:52:17
魂ってどこにあるんですか

335 :デフォルトの名無しさん:2007/01/22(月) 00:17:12
魂、思考、性癖の定義をどうぞ

336 :デフォルトの名無しさん:2007/01/22(月) 01:59:14
>>334
彼の世。
つまり現世では肉体に影響するが、それはカオスのような仕組みであって
何処にでも存在し、何処にも無いのが魂。
ただし実在はしない。
世界の本質の1つであり、すべての現象の根本にある多様性そのもの。
複雑性を示すものであり、それ自体には意味など存在しないし定義すられきない。
つまりカオスの2重振り子の説明のように個の微妙な初期値が物質に
表すための根本。
これは世界に対する「位置と物質」に因果しているが単に初期値にしか過ぎない。
結果や特徴が生まれるのは自然淘汰にしかすぎない。
因果律の絶滅と発生の極地には選ばれるべきものしか残らない性質がある。
と説明してもオマイに理解できるとは思えない。

337 :デフォルトの名無しさん:2007/01/22(月) 22:12:36
>>336
というか、そもそも彼の世って何処よ?とか突っ込もうと思えばいくらでも突っ込める文章に理解も糞もないぞ?

オカ板あたりなら「そうだね」で済みそうだが、ここはム板だから全てにおいて明確な定義がないと。


338 :デフォルトの名無しさん:2007/01/24(水) 17:29:43
>>334
この板的に正しい答えは「そんな物、元から存在しない」だろうな。
魂や精神、果ては人格や感情も あくまでも人間の概念の物。

人格や感情といったモノも、ある変化に対するその振る舞いの連続性や
ある種の共通をそれとなく指してるにすぎないし、
また、その人が本当に人格や感情を携えているのか?は外からでは判断できない。
それに、奇しくも科学のメスが人間の意識よりも先に脳が答えを得ている事を証明していたり、
脳への干渉により意識までもコントロールすることが可能な事が物語っているだろう。

339 :デフォルトの名無しさん:2007/01/24(水) 17:55:35
魂なんてものは現在の人間の科学力では肯定する事も否定する事も証明できない。
しばし待たれよ。

340 :デフォルトの名無しさん:2007/01/24(水) 19:29:54
>338 多分色もそうなんだろうなぁ

341 :デフォルトの名無しさん:2007/01/24(水) 20:18:11
>>340
わかったようなふりをしてるところ悪いが全然違う

342 :デフォルトの名無しさん:2007/01/24(水) 22:12:50
どこが?

343 :デフォルトの名無しさん:2007/01/24(水) 23:41:45 ?2BP(100)
色(光)は波であり、動物によって脳の判断が違う。

だからあるっちゃあるが、色は人間の作った概念といえなくもない。


そしてAI談義にはあまり関係がない。

344 :デフォルトの名無しさん:2007/01/25(木) 01:57:27
関係がないとは思わない
こういう低レベル(末端側)の概念形成機構が分からずして
最上位レベルの概念形成機構が分かるとは思えない

345 :341:2007/01/25(木) 05:23:33
>>338
ただ、魂という概念が自我を具象化した概念であるならば、魂の所在を問うとは自我の所在を問うことと同義となる。

自我が神経ネットワークの集大成であったとしても、自我はあくまでその上で繰り広げられる個々の細胞の活動、
その遷移の集合によって実現されたものであって、物理的なネットワークそのものではない。
我思う故に我ありと言うまでもなく、自我は自己を認識しているから自我なのであり、自我の所在を問うとは自己の認識の所在を問うことに他ならない。
では自己の認識とはどこからくるのか。感覚ならば、該当器官、神経ネットワーク及びその上を流れる電気信号に還元される。

自己を認識するには認識する側の自己が認識される側の自己を認識する必要があり
この二つの自己は同一でありながら認識する側とされる側という差異が存在するという矛盾に遭遇する。
もし仮に自己がそれ自体をその遷移に繰り込むこと、それによって自己が多重化し、
多重化した自己の間で自己の遷移とは別種の定常的な遷移が起こりうるなら、
そもそも遷移である自己とその自己の遷移とが分離されかつ同時に存在することがありうるのなら、
そしてそれらが永続的に行われる状態を自己が内包するのならば、
自己は自己の遷移に介入しうる、それこそが自己の認識、つまりは自我と言えるのかもしれない。

結局、自我とは神経ネットワークの活動によって形成されるオーバーレイネットワーク上にある、
更に上位のオーバーレイネットワークを用いて構成された仮想コンピュータに過ぎないのではないだろうか。
つまり、魂は脳が作り出す仮想世界にあるとは言えないだろうか。


色は視覚に依存している以上、魂云々とは明らかに異なっており、
>>340
わかったようなふりをしてるところ悪いが全然違う

と言いたかったんだが、正直すまんかった。

・・・ゲームや学問のAIなら自我とか魂は関係ないよなorz
攻殻機動隊にかぶれてどうしようもないんだ、俺を許してくれ。

346 :デフォルトの名無しさん:2007/01/25(木) 09:49:55
我思う故に我在りの俺的解釈

絶対的なものを探そうとしたが、仮に見つかったとしてそれは何からも独立していなければならない。しかし
「我思う故に我在り」つまり、自分が考えた事は自分に依存している。なので、それは絶対的ではない。

347 :デフォルトの名無しさん:2007/01/25(木) 11:25:48
>この二つの自己は同一でありながら
本当に同一なのか? という考えも成り立つのだが...
多重人格などとは異なる意味で,同一である必然性はあるのか?
そもそもこの「同一」とはどういう意味なのか?
を考察する必要があるはず
元々神経系はバラバラに動作しており,それが如何なる方法で
同一感を生み出しているのかが先に問われなければならない

348 :デフォルトの名無しさん:2007/01/26(金) 01:28:05 ?2BP(100)
>>346
オレに言わせれば、「本当に俺が思考してるのか?」だからな。
コギト エルゴ スム は 「ハロー ノボル」だけで十分

349 :デフォルトの名無しさん:2007/01/26(金) 23:33:18
魂は何処にでもある、そして何処にも無い。
この程度が理解できずに、魂を語るとは愚かだよ。

350 :デフォルトの名無しさん:2007/01/26(金) 23:53:17
>>349
宗教なら間に合ってる。

351 :デフォルトの名無しさん:2007/01/27(土) 00:11:51
人工知能とは全く無縁だけど、いま人工無脳作ってる。
推論処理はしない、ただのマジカルバナナデータベースのようなもの。

352 :デフォルトの名無しさん:2007/01/27(土) 23:55:57
>>350
宗教としかみれないのは無能さを語るようなものだろ。


353 :デフォルトの名無しさん:2007/01/28(日) 00:10:09
宗教を持つのは個人の自由だから止めはしないが、押し付けるな無能。

354 :デフォルトの名無しさん:2007/01/28(日) 00:12:20
>>352
何の発展性もない、仮説も証明も無い、ただ無意味な結論だけを押し付けて
さも自分は悟ったような顔をしているのが、宗教でなければ何だ?

355 :デフォルトの名無しさん:2007/01/28(日) 02:43:45
信じたければ信じれば良い、信じたくなければ信じなければ良い。
信じるものが救われるかもしれないし、信じないものも救われるかもしれないし、信じたものが救われないのかもしれないし、信じても信じてなくても救われないのかもしれない。

356 :デフォルトの名無しさん:2007/01/28(日) 04:58:34
>>354
まずは単語の意味を辞書で調べて確認しておこうよ。
宗教とは何か辞書で意味を確認したほうがいい。
キミのは思い込みにしかすぎない。
その思い込みを拡大解釈すればキミも該当するとは思わないのか?w
宗教は1人ではできない、
1人にでやっているこの人は、妄想という言葉がふさわしい。

357 :デフォルトの名無しさん:2007/01/28(日) 10:21:23
「機械の中の幽霊」って今読んでるんだけど、始めのSR反応や言語の木の所は
「考える脳 考えるコンピュータ」の3層ニューラルネットワークが如何にお粗末かを語っている部分によく似ている。
ここまで読んで、漠然とした抽象的な状態をトップダウン的に反応に変換する方法は何となく思いついた。
でもその漠然とした抽象的な状態と言うのもの自体をどうコンピュータで表現するかが難しい。
昔の行動主義のSRの鎖をそのまま拡張した感じで持っていくと、その状態というのは
数千数万の反応へのリンクを保持するものなのかなと思う。
でもそれだと推論処理なんかは全くできそうにない。やっぱり推論処理って大事だね。
結局の所、脳を構成する数え切れないほど多くのニューロン一つ一つが、途方もない数のニューロンと複雑にリンクして互いに刺激し合い、
単一で見ると抽象的且つ曖昧な処理を具体的な推論処理などへ昇華しているんだろうか。
妄想。

358 :デフォルトの名無しさん:2007/01/28(日) 10:24:38
あ、死にたい。

359 :デフォルトの名無しさん:2007/01/28(日) 11:12:58
>>356
俺にはちゃんと意図するところが伝わってるが?多分他のやつらにもな。
少なくとも宗教がかってると思ったのは一人じゃないぞ。
ついでに言うなら宗教は一人からでも創められるだろ?

まさか単語の意味とやらが辞書引きだけで一意に決まると思ってはいまいな?
そんなもん話題の主題から、前後の文、同じ文中の他の単語なんかも絡んでくる
に決まってるだろう。

360 :359:2007/01/28(日) 11:37:23
>>357
> 結局の所、脳を構成する数え切れないほど多くのニューロン一つ一つが、途方もない数のニューロンと複雑にリンクして互いに刺激し合い、
> 単一で見ると抽象的且つ曖昧な処理を具体的な推論処理などへ昇華しているんだろうか。
ここんとこはいい線行ってんじゃない?
そんな君に「Metacat」。
単純な概念を表す多数のユニット同士の創発によって推論を行うプログラム。
実際にJava上で動かせるぞ。

361 :デフォルトの名無しさん:2007/01/29(月) 01:16:14
↑このスレはいつから宗教家=359の活動拠点になった?

362 :デフォルトの名無しさん:2007/01/29(月) 10:09:09

完全自律型の人工知能の開発成功こそが幽霊の存在を否定しえる根拠となる。
逆にいえば幽霊が実在するなら、人工知能の開発は不可能ということになる。

363 :デフォルトの名無しさん:2007/01/29(月) 10:37:07
存在と言うのは人それぞれの認識による。
チューリングテストでも、審査員にとって機械が人間と区別が付かないと判断すれば、
その審査員にとってはテストを受けた機械は人間と同じ、つまり意識があるということになる。
宗教の盲点はここにあり、誰かの主観で幽霊だとか神だとか、あるいは任意の誰かが神だとか認識していればそこで終わり。
独我論を誰も論破できないのと同じで、幾らk

364 :デフォルトの名無しさん:2007/01/30(火) 12:37:53
>>354
理解できない奴は同じようなことしか言えないんだろうな。
おまえのことだよ。

365 :デフォルトの名無しさん:2007/01/30(火) 13:27:47
>>364
納得のいく説明もなしに人に理解しろなんて無茶な話。
自分だけ理解したつもりになっていればいいさ。

366 :デフォルトの名無しさん:2007/01/30(火) 15:06:55
>>362
残念だが、それは暴論。
幽霊=魂魄の存在が証明されない限り、
魂魄の無い知能が有り得る=幽霊が存在しない。とならない。
しかしながら、これは前提が成り立つならそもそもが、
幽霊の存在を肯定してたりと結局矛盾から矛盾へと堂々巡りに終る。

また、それ以前に幽霊の存在を否定する根拠は絶望的。
「悪魔の証明」のように、有ることの証明は簡単でも、
無いことの証明は難解きわまる。

367 :デフォルトの名無しさん:2007/01/30(火) 19:21:43
>>366
例えば霊(魂魄)が存在すると仮定しよう。
幽霊には当然肉体はないので、その意識は魂魄に存在していることになる。
同時にそれは脳に意識の機能がないということになる。(=意識は脳が創り出したものではない)
ではここで、人工知能の開発が成功したらどうなるだろうか?
物理的な仕組みから意識を創り出す理論が確立されるレベルであるなら、脳機能から意識が同様に
生成される過程も解明されると予測される。
つまり、そうなった場合、意識は脳が生成するということになり、前述の仮定に矛盾する。
よって背理法により魂魄が存在しないことが証明される。

・・・ってのは強引かな?w

368 :デフォルトの名無しさん:2007/01/30(火) 19:56:59
ここは何のスレなんだよw

369 :デフォルトの名無しさん:2007/01/30(火) 20:14:22
実際人工知能系のところはどこも似たようなもんだ。
人工知能系の学術論文にしたって哲学的な言葉並べて
煙に巻く程度の低いのも多いからな。

それはさておきゲームAIだと
有限オートマトン、A*、ベイズ法あたりが一般的だと思うけど
他に面白そうなのってありますか?

370 :デフォルトの名無しさん:2007/01/30(火) 20:50:00
>>368
だから宗教板へ帰れと
(まだ言ってない)

仮説はいずれ研究によって実験結果と矛盾することで間違っていることを示すことが出来る。
(そんなわけで大抵は間違ってるわけだが)
適当な言葉遊びでそれを封じておいて正しいから信じろというから宗教だというのだ。
議論を重ね矛盾点を洗い出すことでよりよい仮説を導き出そうとしている人たちにとって邪魔以外の何者でもない。

ついでに言えば組織性を持たない個人の宗教それ自体はポストモダン現象の副産物だからめずらしくもなんともない。
自分が信じる分には自由だ。

371 :デフォルトの名無しさん:2007/01/30(火) 20:50:26
う〜ん,面白いってのは人それぞれだから難しいけど
DFAの状態遷移に乱数混ぜてみる(要するにDじゃなくす)とか

372 :359:2007/01/30(火) 23:01:03
>>370
その通り!骨子を明確にしないことで批判をかわそうなんてのは
真摯な態度とは言えないな。まともに議論出来やしない。

>>369
ゲームAIに限定しなければ興味あるのはいくつか。
ラフ集合なんかはどう?

373 :デフォルトの名無しさん:2007/01/31(水) 02:07:53
>>370
言葉遊びでも、言葉が無ければ話にならんだろうな。
1人で行うのは宗教というのは誇張だとおもうよ、それは信念とかいわないか?
宗「教」の字の意味に当てはまらないとおもうがw。
>>372
真摯な態度?それは貴方の問題で他人に押し付けるようなものではないと思うがw
単純化できないものを、これが仕組みだと言って納得しない奴を納得させるのは
困難だと思うけどな。因数分解できないものを別けたような要素に別けて説明
すれば、思いは騙せたとしても説明したことになるのか?
論理的なものと感情的な物が入り混じる掲示板で語るのも愚かだけどなw

374 :デフォルトの名無しさん:2007/01/31(水) 06:02:09
>>373
だから宗教板へ行けと
(既に言った)

スレタイ読み直せ。
ここはム板でAIを作るスレだ。
魂云々の話はAIの最終目標という意味での余興に過ぎない。
そしてあんたのレスは余興にすらなってない。

375 :デフォルトの名無しさん:2007/01/31(水) 12:49:58
>実際人工知能系のところはどこも似たようなもんだ。
>人工知能系の学術論文にしたって哲学的な言葉並べて
>煙に巻く程度の低いのも多いからな。

そういえば50年以上もこういう展開だよね。
スキンナーワロス

376 :デフォルトの名無しさん:2007/02/01(木) 00:35:29
BASIC初めてみた頃ソースを自分で書き換えれたら面白いことにならないかなと思った
そんなことできる言語ってない?


377 :デフォルトの名無しさん:2007/02/01(木) 00:40:23
ちょっとちがうかもしれんが、
C#とかなら、プログラムが実行時に生成した文字列をソースにして
プログラム中で実行できたりしたような気がする。


378 :デフォルトの名無しさん:2007/02/01(木) 08:41:55
単にインタプリタ書いてそのインタプリタが解釈できるソースを吐けば良いだけ

379 :デフォルトの名無しさん:2007/02/01(木) 08:52:14
人工知能の先駆者現る!!
ttp://www.youtube.com/watch?v=gREcCYqL1_8

380 :デフォルトの名無しさん:2007/02/01(木) 14:51:34
>>376
インタプリタ言語なら大抵可能だが元祖はLisp

381 :デフォルトの名無しさん:2007/02/01(木) 22:55:39
>>373
どこの板でも別の板に行けと煽るだけの発言厨だろ?w
>>380
Lispは単なるメタ系の情報処理



382 :デフォルトの名無しさん:2007/02/02(金) 16:42:59 ?2BP(100)
>>381
Lispを知らないってことでおk?

383 :デフォルトの名無しさん:2007/02/02(金) 21:29:32
>>381でも380でもないが、
俺はLispは知らない。
知ってた方がいいのか?
なにか特徴があるとか?

384 :デフォルトの名無しさん:2007/02/02(金) 23:30:23
このスレにいてLispって何?とは、もぐりか天然かリア厨か釣りか


まあ、釣られたということにしよう。

385 :デフォルトの名無しさん:2007/02/02(金) 23:40:13
いや、釣りでもリアでもないんだが。
つか、言語なんてC++と機械言語わかってれば
あとはどうにでもできるだろ。
インタプリンタも必要なら自作擦ればいいだけの話だし

386 :デフォルトの名無しさん:2007/02/03(土) 00:59:08
>>385 マジレスすると
Lispはプログラムとデータが同じ形式(S式)なので
>376みたいなことがやり易い

387 :デフォルトの名無しさん:2007/02/03(土) 03:44:52
そもそもLispはリスト処理言語であって、データとしては絶対的な繋がりを
処理する言語だろ?
曖昧な繋がり(重みなどの曖昧の要素)でデータを意味化しないものではない
「意味」という概念を扱う言語であるかぎりメタ系だろ。

388 :デフォルトの名無しさん:2007/02/03(土) 12:25:34
>「意味」という概念を扱う言語
???

389 :デフォルトの名無しさん:2007/02/03(土) 14:43:11
ニートの妄想スレ

390 :デフォルトの名無しさん:2007/02/03(土) 21:48:29
>>388
言葉に表した時点で意味化するだろう。
物事を特定し記録すればメタ情報となる。

これに対するものは感覚したもの、体感したもの
のように意味化されていない抽象的な事象で
意味を特定することはできない。
意味の概念では確定していない抽象的な概念を
メタ情報、言葉に表すことができない。
意味として特定できないからである。
特定できると勘違いするものがいるが、記録されたり
特定した段階で本来の概念は変形され、誇張され正しく伝わらない。
なぜならば解釈する側と記録する側で同じ概念や観念にならない。
友達の睡眠時の夢を文字で表現して、自分の脳で再現したとして同じ結果は
得られない。意味の概念しか理解できないやつは
このような抽象の情報でもコピーできると勘違い
するところが愚かだろう。

391 :デフォルトの名無しさん:2007/02/03(土) 21:52:54
愚かものは恋も愛も、悲しみも恐怖もコンピュータの情報として記録できると
思い込んでいる。
体感しないものに、その感情は理解できない。
先天的に失明しているものに夕焼けの美しさを理解させることができるのか?
感動はコピーできない。メタ情報化も、意味という概念で記録することも
無理、Lispで表現するのも不可能だ。


392 :デフォルトの名無しさん:2007/02/03(土) 22:59:01 ?2BP(100)
>>391
学習の延長上にあるものって考え方とか無いの? >体感・感情
一般的に絶対できる、絶対できないってことを証明するのはえらく大変なわけで。

そもそも、
>>391にはどう足掻いても無理なのは、みんなわかってることだから明言しなくてもいいよ?w

393 :デフォルトの名無しさん:2007/02/03(土) 23:24:36
Bool論理に基づく今のコンピュータで処理できるのはsyntaxだけ
意味が処理できるのは人間だけ
でFA
これ以上妄想を書き散らかすなよ

394 :デフォルトの名無しさん:2007/02/04(日) 06:18:56
少なくとも392には分かってないらしい

395 :デフォルトの名無しさん:2007/02/04(日) 16:56:49
なんか>>387とか>>390とかどこの新興宗教の教義だよと思いつつ

つ[LISPマシン]

396 :デフォルトの名無しさん:2007/02/04(日) 23:19:19
>>393-394
ここが何のスレか分かってんの?スレタイ100回位音読してくれ。

397 :393:2007/02/05(月) 10:49:01
十分承知しているが?
だからこそ妄想は害毒

398 :デフォルトの名無しさん:2007/02/05(月) 12:22:52
漏れは論理と実装の両方を見たが、
理論屋は理論だけでできるできないを決めて早々に諦める香具師が多い。
実装屋は理論を考えないで行き当たりばったりが多い。

だがここは理論にすらならん妄想を並べて何もできない香具師が多すぎるな。
まぁ2ちゃんだからそんなもんか。

399 :デフォルトの名無しさん:2007/02/05(月) 13:46:08
というわけで、できる>398が実装例を交えながら理論を
解説するスレになりました。

400 :デフォルトの名無しさん:2007/02/05(月) 20:32:57
判断が困難な根本的な問題がいろいろ残っているからである。
人工知能に主体性が必要か?
自分自身が意識をもち思考する能力のこと。

従来型の行うだけのロボットや機械と考えるか、生物のような
物と考えるか。
人間と対等以上の知能ロボットが作れたと仮定しよう、
それが集団で自分達の存在を主張し権利を求め、最終的に自分達の
テリトリーを広げ人間界に侵略する可能性はないか?
主体性は自分本位の価値観を生み出し意味の解釈のし直しをする
ことが可能な特徴がある。この機能が必要なのか?



401 :デフォルトの名無しさん:2007/02/05(月) 21:16:51
未定義語使い過ぎ

402 :デフォルトの名無しさん:2007/02/06(火) 00:06:20 ?2BP(100)
もともと日本のAIのイメージってアトムやドラえもんのイメージが強いから
魂だ感情だ言い出す人が多いのは仕方ないと言えば仕方ないんだけどね。

けど、どう考えても今回のはスレ荒らしだからそろそろ放置推奨

403 :デフォルトの名無しさん:2007/02/06(火) 05:12:42
何もいえないやつほど良く吠えるよな。



404 :デフォルトの名無しさん:2007/02/07(水) 06:29:33
>>403
おまいも同類だろ。
402もチンカスレベルのオツムにみえるがw

405 :デフォルトの名無しさん:2007/02/08(木) 09:14:41
>>404
チンカスいうな、オレみたいな天才に向かって400みたいのがいるから
やさしく説明してやっているんだぞ。
糞おもしろくもねぇ。ヴぁかばっかりだ。

406 :デフォルトの名無しさん:2007/02/09(金) 04:12:45
つまりLisp信者が荒らすスレですか?w
キモスギw

407 :デフォルトの名無しさん:2007/02/10(土) 20:35:38
LispでAIつくれるなら、世の中AIだらけだよ。
その辺のLispマクロとかも全部AIとか呼び出すかもしれない。

痛い

408 :デフォルトの名無しさん:2007/02/10(土) 23:46:49 ?2BP(100)
推論

409 :デフォルトの名無しさん:2007/02/11(日) 01:50:50
↑遺体やつ

410 :デフォルトの名無しさん:2007/02/12(月) 00:09:27 ?2BP(100)
NN,GA

411 :デフォルトの名無しさん:2007/02/12(月) 15:43:11
NNは最近隣法

412 :デフォルトの名無しさん:2007/02/12(月) 15:46:37
理性(キライ)と本能(スキ)の狭間で

413 :デフォルトの名無しさん:2007/02/12(月) 18:16:04
>>411
それはNNの極一部

414 :デフォルトの名無しさん:2007/02/12(月) 22:14:24 ?2BP(100)
ファジー

415 :デフォルトの名無しさん:2007/02/13(火) 07:09:53
>>413
シッタカ

416 :デフォルトの名無しさん:2007/02/13(火) 09:27:12
じゃあ最近隣法だけで脳の動作が説明できると?

417 :デフォルトの名無しさん:2007/02/13(火) 20:33:13
>>415
それは鳥類の極一部

418 :デフォルトの名無しさん:2007/02/14(水) 06:21:29
>>416
できる現象もあるが、できない現象もある。
すべてできるとでも思っているのか?

419 :416:2007/02/14(水) 14:07:32
>>418
>411 が
>すべてできると思っている
様に思えたから質問したのだが?
あ,アンカーが無かったせいで誤解した?
それなら誤る.ごめん

420 :デフォルトの名無しさん:2007/02/15(木) 01:09:45 ?2BP(100)
正直>>1すら読めないのは痛い。

421 :デフォルトの名無しさん:2007/02/15(木) 03:59:00
オカ板?

422 :デフォルトの名無しさん:2007/02/16(金) 00:46:25
NNって書いたらnearest neighourなんだよ
neural networkをNNと略すのは変だよ
ANNとかMLPとか書けよ

423 :デフォルトの名無しさん:2007/02/16(金) 06:43:14
マヌケ君が集まってきました。

424 :デフォルトの名無しさん:2007/02/16(金) 22:19:45 ?2BP(100)
なんかすっかり荒れ果てたなぁ…

425 :デフォルトの名無しさん:2007/02/17(土) 11:41:20
荒らしたのに気がついてない粘着君が1人いるね、↑

426 :デフォルトの名無しさん:2007/02/17(土) 13:37:03
>>412
お前 artificial neural network = neural network と思ってるだろ?
自分の頭の中に neural network があるのに

427 :デフォルトの名無しさん:2007/02/17(土) 14:54:16
neighbor?

428 :426:2007/02/18(日) 01:47:28
>>412じゃなくて>>422

429 :デフォルトの名無しさん:2007/02/18(日) 13:05:24
>>426
それが何?


430 :デフォルトの名無しさん:2007/02/18(日) 16:01:36
えっ
netscape navigatorだと思ってたのに。。。

ヒドイわ><

431 :デフォルトの名無しさん:2007/02/19(月) 08:22:54
他力本願スレみたいね、ここw

432 :デフォルトの名無しさん:2007/02/20(火) 11:31:38
>>431
それチガ
無能君が煽りあうだけのストレス解消スレ

433 :デフォルトの名無しさん:2007/02/20(火) 20:26:34
で。NNて何?
略しすぎじゃないか

434 :デフォルトの名無しさん:2007/02/20(火) 20:53:49
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Neural_network
のことでいいんでないの。
まぁ、ただ知能とその実装が必ずしも一対一になるとも思わないんだけどね。
ある種の知能にはある程度の種類実装方法があるような気がする。

435 :デフォルトの名無しさん:2007/02/21(水) 02:41:51
知能の正体がある程度分かっていればその理屈も成り立つんだろうけど

436 :デフォルトの名無しさん:2007/02/21(水) 09:43:23
>知能の正体がある程度分かっていれば
これは非科学の領域にあるものと科学的な領域にあるものがある。
非科学の領域では入力が演算をせずに結果をだし、それは1対1ではなく
反証性もないがこの世の自然現象はその非科学の領域で形をなすものが多い
例えば雲の形などは科学で形が定義できるものではない。
偶発的なものが環境の閾値によりせめぎ合いが発生し、必然的な形を作り出す
これは遺伝子が形成する生物現象なども同じ原理であってここの細かい仕組みは
科学で説明できても最終的な形までは説明できない。
説明できない物は多体問題が解けない理由と同じ理屈で計算できないからである。
論理的に組み上げられたAIと、構造のみ定義し後天的な教育で作られたAIでは
基本的に違う存在である。後者は反証しえない。複雑になるほど100%同じ
教育が不可能な域にたどり着くためである。

437 :EXILE:2007/02/21(水) 17:36:31
このスレは、エージェントが確実に監視してますね

438 :デフォルトの名無しさん:2007/02/23(金) 02:11:01
なんでそんなだらだら書いてるの?
NPって言葉を使わないの?

439 :デフォルトの名無しさん:2007/02/23(金) 12:54:26
>>438
略語ばかりつかうと言葉が勝手に一人歩きするだろ


440 :デフォルトの名無しさん:2007/02/23(金) 23:25:48
>>439
NPぐらい小学生だって知っている

441 :デフォルトの名無しさん:2007/02/24(土) 00:07:10
ここの人たちには、是非「機械の中の幽霊」を読んでもらいたい。
なぜなら、すごく当たり前の事が書いてあるから。

442 :デフォルトの名無しさん:2007/02/24(土) 00:59:55
NP
http://ja.wikipedia.org/wiki/NP%E5%AE%8C%E5%85%A8%E5%95%8F%E9%A1%8C
http://ja.wikipedia.org/wiki/NP%E5%9B%B0%E9%9B%A3

>>441
洋書じゃなかったっけ?とりあえずググって見るわ。

443 :デフォルトの名無しさん:2007/02/24(土) 13:08:54
>>442
洋書ぐらい読めないのか?w

444 :デフォルトの名無しさん:2007/02/27(火) 04:49:19
訳書は攻殻厨のおかげで高騰してるみたいね
訳者の日高敏隆は「利己的な遺伝子」訳とかでも有名な動物行動学者


103 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)