5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

2006年第4四半期、世界で最もPCを出荷したのは「HP」

1 : ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2007/01/18(木) 22:51:42 ID:???
米国の調査会社IDCが1月17日に発表した2006年第4四半期(10-12月期)の
世界PC出荷台数調査によると、ヒューレット・パッカード(HP)がデルを
上回ってトップの座を獲得した。HPが四半期のPC出荷台数で1位に
なったのは、前四半期に続いて2度目となる。
全世界における同四半期のPC出荷台数シェアは、1位がHPの18.1%で、
14.7%のデルは2位だった。以下、レノボ・グループ(7.3%)、
エイサー(7.1%)、東芝(3.7%)と続いている。また、同じく17日に
発表されたガートナーの調査でも、同四半期のPC出荷台数トップ・シェアは
HPの17.4%で、2位のデルは13.9%だった。

一方、2006年の年間PC出荷台数シェアでは、デルが僅差でトップの座を
守った。各社のシェアは、デル(17.1%)、HP(17.0%)、
レノボ(7.3%)、エイサー(5.9%)、東芝(4.0%)となっている
(調査対象にはデスクトップPC、ノート型PC、ウルトラポータブルPC、
x86サーバが含まれるが、ハンドヘルド・コンピュータは入っていない)。
2006年第4四半期のPC出荷台数は、米国や日本、欧州、中東、さらには
アフリカ(EMEA)地域でのPCの販売が伸び悩んだことから、前年同期比
8.7%増の6,560万台にとどまった。ガートナーの調査でも出荷台数は
6,739万台で、伸び率は7.4%となっている。
年間のPC出荷台数についても、2006年は2億2,860万台で伸び率は10%となり、
10.4%というIDCの事前の予想を下回っている。
IDCのディレクターで、四半期ごとのPC出荷台数を調査している
ローレン・ロベルデ氏は、Windows Vistaの出荷が遅れたことや、
デスクトップPCからノートPCへの需要の移行が進んでいることなどの
変動要因を挙げ、PC市場にとって2006年は不安定な年だったと指摘する。
(後略)

*+*+ COMPUTER WORLD 2007/01/18[**:**] +*+*
http://www.computerworld.jp/news/hw/56350.html

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 23:45:32 ID:???
おらおら群馬県様だ!
_|    `〜┐ >>3 埼玉?群馬サファリパークの餌にするぞw
       ∫ >>4 茨城?尾瀬で迷いなw
       / >>5 栃木?ドイツ村に拉致るぞw
        ノ  >>6 東京?焼き饅頭にするぞw
       ` ̄7 >>7 千葉?草津温泉に来いw
      /  >>8 神奈川?群馬の県鳥はキジだぜw
        /   >>9 山梨?タッチのあだち充も群馬だぜw
        \,_  群馬県様が関東制覇!楽勝!
  /`⌒ーへ_,._⊃ 
,ノ          >>147 お前最高!こんにゃくやるよ!


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 01:02:14 ID:mf48ozYc
東芝が!

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 03:15:31 ID:???
凍死婆!

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)