5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

rpm作成スレッド

1 :login:Penguin:02/10/12 14:56 ID:JJtJdOQ0
rpm管理って便利だよねー。
でもたまにrpmのないプログラムに遭遇する。
そんなときどうしようと思ったらこのスレで質問しよう。

だれかつくってねーかなぁと思ったら
http://rpmfind.net/

しかたねー作るかとおもったら
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/RPM-BUILD-HOWTO.html
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/RPM-HOWTO.html
http://www.vinelinux.org/MakingRPM/

166 :login:Penguin:04/07/07 03:17 ID:FfF3H9jC
>>165
Fedora Core 2 の postgresql-7.4.2 なら、SPEC ファイルの
修正なしで Redhat 9 で RPM を作ることができました。
こちらでまず試してみてはどうですか?

167 :login:Penguin:04/07/07 03:53 ID:9lTBkyff
>>166
今試してたんだけど、なぜかtcl-develとe2fsprogs-develが無いとダメってエラーが(;´Д`)
%{!?tcldevel:%define tcldevel 1} → %{!?tcldevel:%define tcldevel 0}
%{!?kerbdir:%define kerbdir /usr} → %{!?kerbdir:%define kerbdir /usr/kerberos}
に修正して再試行中。。

%{?build89:%define kerbdir /usr/kerberos}となってるんだけど、正常に認識してないっぽい(;´Д`)
修正無しの状態だと、

+ gcc -O2 -g -pipe -march=i386 -mcpu=i686 -I/usr/include/et -fpic -shared -o _pgmodule.so -I/usr/incl
ude/python2.2 -I../src/interfaces/libpq -I../src/include -I/usr/include -L../src/interfaces/libpq -lp
q pgmodule.c
In file included from /usr/include/openssl/ssl.h:179,
from ../src/interfaces/libpq/libpq-fe.h:33,
from pgmodule.c:31:
/usr/include/openssl/kssl.h:72:18: krb5.h: No such file or directory

みたいなエラーになるし・・

168 :167:04/07/07 04:06 ID:9lTBkyff
訂正

先頭に
%define build9 1
を追加して、
%{?build8:%define tcldevel 0} → %{?build89:%define tcldevel 0}
にして再試行中(;´Д`)

169 :167:04/07/07 04:22 ID:9lTBkyff
なんか知らないけど、うまくいきました。
ありがとうございましたm(_ _)m

170 :login:Penguin:04/07/10 03:17 ID:/SaxF3E8
%exclude っていうのを使うと、どういう利点があるですか?
エライ人、教えてつかーさい。

171 :login:Penguin:04/07/10 04:50 ID:Kc8CkSdp
>>170
詳しく知らんが
excludeつーくらいだからそれを除く、ってことじゃないの?

%file /2ch/*
%exclude /2ch/uma-

みたいに使うのかな?
ちゃんと知らないので適当に答えてみた


172 :login:Penguin:04/07/16 11:56 ID:25I0vw3T
>>170,171
%exclude マクロが定義されていなかったので、それを除くとして作りなおした事がある。

> %file /2ch/*
> %exclude /2ch/uma-

%file /2ch/*
で、すませると支障があるときに使う。

このような場合、%exclude マクロがないバージョンでのrpmに対応させるためには、
必要なものを全部書くか、
%install セクションで少し工夫しなければならないが、
%excludeマクロをうまく使うと、可視性が良くなって、わかりやすくなる。




173 :login:Penguin:04/07/21 17:35 ID:1y9jngOg
>>145
s/RedHat Package Manager/RPM Package Manager/
# 少なくとも今は。

174 :login:Penguin:04/08/16 15:27 ID:icY8qRIB
specファイルのSourceやPatchのURLからファイルをダウンロードする
ようなツールはありませんか?
rpm --evalとかじゃできないっぽいので…。

175 :login:Penguin:04/08/16 17:37 ID:bUzmG/81
>>174
よくわからんが、そのspecを取り出したsrc.rpmの中に入っているよ。
それともspecだけを入手したの?

176 :login:Penguin:04/08/17 02:08 ID:hWPoBCyJ
nosrc.rpm の事かな?

177 :login:Penguin:04/08/17 06:38 ID:QB1SEoak
>>175-176
自作のspec数十個あって、1つ1つ開いてマクロを展開しながら
ダウンロードするのが辛いので。
あと、specをそのまま他の人に渡してtarballは各自で落として
もらいたいってのもあります。

178 :login:Penguin:04/08/17 06:58 ID:PR1Kzzvk
>>177
> あと、specをそのまま他の人に渡してtarballは各自で落として
こっちは受けとった方の話だよね。自分ならspecもらえるだけで感謝するけど。
ダウンロードなんか大した手間じゃないし。

> 自作のspec数十個あって、1つ1つ開いてマクロを展開しながら
specまで書いておいて、どしてsrc.rpm作んないの?
src.rpmにしとけばtarballも一緒にしまい込めるでしょ。


179 :login:Penguin:04/08/17 13:04 ID:QB1SEoak
>>178
利用者がsubversionのリポジトリからチェックアウトして
ビルドすることを想定しています。
現時点で90近いspecファイルがあるので、1つずつ手動で取ってくるのは
現実的じゃありません(全specをビルドするのが前提)。

Mononga LinuxのOmoiKondaraが一番やりたいことに近そうなので、
これについて調べてみます。

回答してくれた方、ありがとうございました。

180 :login:Penguin:04/09/25 09:45:36 ID:2FJYePtf
くだ質で回答を得られなかったので、こちらで聞きます。
pstoeditをソースからのインストールでは問題がないが、rpmにすると実行ファイルが共有ライブラリを読まないため
困っています。make installの際に共有ライブラリへのリンクを張り直すようなのですが、rpmの場合はどうやってパ
ッケージのインストールの後にリンクを張り直したらよいか分かりません。
$ /sbin/ldconfig -p |grep libp2edrvstd.so
libp2edrvstd.so.0 (libc6) => /usr/lib/pstoedit/libp2edrvstd.so.0
libp2edrvstd.so (libc6) => /usr/lib/pstoedit/libp2edrvstd.so
という状態で
$ /usr/bin/pstoedit -help |grep libp2edrvstd.so
を実行しても何もヒットしません。しかし、rpmにパッケージングせずにソースからインストールした場合やrpmのビ
ルドした場所では共有ライブラリが読み込まれます。
$ rpm/BUILD/pstoedit-3.33/src/pstoedit -help |grep libp2edrvstd.so
とすると
idraw: Interviews draw format (EPS) (/home/hoge/rpm/BUILD/pstoedit-3.33/src/.libs/libp2edrvstd.so)
[以下略]
のように期待通りに表示されます。
pm/BUILD/pstoedit-3.33/src/pstoeditを/usr/bin/pstoeditにインストールして、/usr/lib/pstoedit/libp2edrvstd.so
を読み込ませるようにするにはどうすればよいのでしょうか。



181 :180:04/09/25 10:12:58 ID:2FJYePtf
続きです。環境はVine3.0です。SuSEなど他のディストリや私家版のpstoeditのspecを参照して
見ましたがこのあたりの問題は無視しているようです。そのため、対応形式がbuilt-inのみ(psf.
ps, debug, dump, gs, ps2ai)になっています。


182 :login:Penguin:04/09/25 10:32:51 ID:B6vG4xvt
>>180
まずはspecの中身を晒さないと。


183 :180:04/09/25 10:47:05 ID:2FJYePtf
>>182ありがとうございます。全てを貼ると冗長なので要点だけ。
Name: pstoedit
Version: 3.33
Source0: http://home.t-online.de/home/helga.glunz/wglunz/pstoedit/%{name}-%{version}.tar.gz
Source1: http://home.t-online.de/home/helga.glunz/wglunz/plugins/pstoedit_linux_plugins.tgz
[...]
%package devel
[...]
%prep
%setup -a 1
%build
%configure
%{__make}
%install
%makeinstall
%{__mkdir_p} %{buildroot}%{_mandir}/man1
%{__install} -m 644 doc/%{name}.1 %{buildroot}%{_mandir}/man1
%{__install} -m 775 lib/pstoedit/plugins_linux.so %{buildroot}%{_libdir}/pstoedit
for i in %{buildroot}%{_libdir}/*.la %{buildroot}%{_libdir}/pstoedit/*.la
do cp -p $i $i~
sed s:%{buildroot}::g <$i~ >$i
rm $i~
done


184 :180:04/09/25 10:48:28 ID:2FJYePtf
%post
/bin/grep -q /usr/lib/pstoedit /etc/ld.so.conf || \
echo /usr/lib/pstoedit >> /etc/ld.so.conf
/sbin/ldconfig

%postun
%{__perl} -p -i -e 's|/usr/lib/pstoedit||' /etc/ld.so.conf
/sbin/ldconfig

%files
[...]
よろしくお願いします。


185 :login:Penguin:04/09/25 16:18:10 ID:KeI0AADE
>>180-181 >>183-184
> make installの際に共有ライブラリへのリンクを張り直す
ってのが具体的にどんなことやってるのかを読み解いて
%makeinstall ってところを書き換えて処理するんじゃない?

普通に make install やったらだめだと思う。

186 :180:04/09/26 02:18:27 ID:9WttgLur
>>185 ありがと。そうなんだけど、ログから類推して
/bin/sh ../libtool --mode=link g++ -g -o libp2edrvstd.la -rpath /usr/lib/pstoedit drvlwo.lo drvrib.lo drvrpl.lo drvdxf.lo
drvjava.lo drvjava2.lo drvpdf.lo drvkillu.lo drvtext.lo drvsk.lo drvmpost.lo drvmma.lo drvlatex2e.lo drvpic.lo drvhpgl.lo
drvtk.lo drvgnplt.lo drvtgif.lo drvfig.lo drvidraw.lo drvsampl.lo -L. libpstoedit.la
とか


187 :180:04/09/26 02:19:20 ID:9WttgLur
g++ -shared -nostdlib /usr/lib/gcc-lib/i386-vine-linux/3.3.2/../../../crti.o /usr/lib/gcc-lib/i386-vine-linux/3.3.2/crtbeginS.o
.libs/drvlwo.o .libs/drvrib.o .libs/drvrpl.o .libs/drvdxf.o .libs/drvjava.o .libs/drvjava2.o .libs/drvpdf.o .libs/drvkillu.o
.libs/drvtext.o .libs/drvsk.o .libs/drvmpost.o .libs/drvmma.o .libs/drvlatex2e.o .libs/drvpic.o .libs/drvhpgl.o .libs/drvtk.o
.libs/drvgnplt.o .libs/drvtgif.o .libs/drvfig.o .libs/drvidraw.o .libs/drvsampl.o -Wl,--rpath -Wl,/usr/lib/pstoedit
-L/usr/lib/gcc-lib/i386-vine-linux/3.3.2/../../.. -L/usr/lib/gcc-lib/i386-vine-linux/3.3.2 ./.libs/libpstoedit.so -lstdc++
-lm -lc -lgcc_s -lc /usr/lib/gcc-lib/i386-vine-linux/3.3.2/crtendS.o /usr/lib/gcc-lib/i386-vine-linux/3.3.2/../../../crtn.o
-Wl,-soname -Wl,libp2edrvstd.so.0 -o .libs/libp2edrvstd.so.0.0.0
(cd .libs && rm -f libp2edrvstd.so.0 && ln -s libp2edrvstd.so.0.0.0 libp2edrvstd.so.0)
(cd .libs && rm -f libp2edrvstd.so && ln -s libp2edrvstd.so.0.0.0 libp2edrvstd.so)
これをspecに書くのではなく、もっとスマートな方法はないでしょうか。libp2edrvstd.so以外にも共有ライブラリ
がたくさんあるので。。


188 :login:Penguin:04/09/29 05:43:46 ID:6ffuRL/D
>>181
> 続きです。環境はVine3.0です。SuSEなど他のディストリや私家版のpstoeditのspecを参照して
> 見ましたがこのあたりの問題は無視しているようです。そのため、対応形式がbuilt-inのみ(psf.
> ps, debug, dump, gs, ps2ai)になっています。

Fedora Core 2で自家製ビルドですが、built-in以外にも対応してるようです。

> $ /usr/bin/pstoedit -help | grep libp2edrvstd.so
> ...
> idraw: Interviews draw format (EPS) (/usr/lib/pstoedit/libp2edrvstd.so)
> fig: .fig format for xfig (/usr/lib/pstoedit/libp2edrvstd.so)
> xfig: .fig format for xfig (/usr/lib/pstoedit/libp2edrvstd.so)
> ...

specの中では特に何も変わったことはしてません
(基本的に%configure, make, %makeinstallのみ)。

rpmでビルドした段階では、>>180と同様にビルドディレクトリ内のライブラリを指してます。

> $ rpm/BUILD/pstoedit-3.33/src/pstoedit -help | grep libp2edrvstd.so
> ...
> idraw: Interviews draw format (EPS) (/home/foo/rpm/BUILD/pstoedit-3.33/src/.libs/libp2edrvstd.so)
> fig: .fig format for xfig (/home/foo/rpm/BUILD/pstoedit-3.33/src/.libs/libp2edrvstd.so)
> xfig: .fig format for xfig (/home/foo/rpm/BUILD/pstoedit-3.33/src/.libs/libp2edrvstd.so)
> ...

%makeinstallがよきに取りはからってくれるんでしょうかね?


189 :180:04/09/29 12:03:46 ID:ELXbyaWE
>>188
ありがと。FC2のrpmのバージョンは幾つになっていますか?
Vine3.0はrpm-4.0.5-1vl8です。

190 :login:Penguin:04/09/29 12:17:08 ID:6ffuRL/D
rpm-4.3.1-0.3(FC2のデフォルトのやつ)です。


191 :180:04/09/29 12:24:32 ID:ELXbyaWE
>>190
ありがと。4.0 -> 4.3 の間にそんな便利な機能が付いたのかな。

192 :login:Penguin:04/09/29 13:00:57 ID:6ffuRL/D
本体のインストールは、%makeinstallがmake installを実行して、

/bin/sh ../libtool --mode=install /usr/bin/install -c pstoedit /var/tmp/pstoedit-root/usr/bin/pstoedit
/usr/bin/install -c .libs/pstoedit /var/tmp/pstoedit-root/usr/bin/pstoedit

のように行なわれてます。ここでlibtoolがpstoeditのリンク先を書き変えて
るはずですよね(よく知らないので間違ってたらごめんなさい)。


193 :login:Penguin:04/10/01 00:05:19 ID:YcbGdVOj
rpmって、4.0 -> 4.1で極端に重くなった?
Vine使ってみたら軽くて驚いた。RHはいつのまにか激しく重くなってたんだな。
rpmってゆうかdb4なのかな。

194 :login:Penguin:04/10/13 02:40:29 ID:2rQAnHsu
くだ質だけどRPMってもとはRed Hat Package Managerの略だよね。
今はRPM Package Managerに名称が変更されたけどそのRPMって
なに?って素朴な疑問なんだけど。
Red Hat Package Manager Package Manager?(w

195 :login:Penguin:04/10/13 06:05:11 ID:5yF3SOmC
>>194
GNU is Not Unixと同じだよ。


196 :login:Penguin:04/10/13 22:37:26 ID:nncxR37C
>>194
RPM は RPM Package Manager の略ですよ。

197 :login:Penguin:04/10/14 13:03:58 ID:wyCxSj6l
>>196
>>194の質問のポイントをはずしているよ。>>195が模範解答だと思われ。

198 :login:Penguin:04/10/14 13:04:24 ID:wyCxSj6l
あぁ、上げてしまった。

199 :login:Penguin:04/11/01 14:08:07 ID:IUJCgUG8
rpm-4.3.2 の %check ってどんなマクロですか.

200 :login:Penguin:04/11/02 05:16:10 ID:Jnk1h6Uo
RHL9つかってます。
netatalk 2.0.1ためしにRPMをつくってみようとおもいました。
しかし、configure: error: no acceptable C compiler found in $PATH
のエラーがでてしまいます。

ちなみに、%configureは
%build
%configure
--prefix=/usr/local --enable-redhat
make
です。なにか他に必要でしょうか?

201 :login:Penguin:04/11/02 05:16:47 ID:Jnk1h6Uo
RHL9つかってます。
netatalk 2.0.1ためしにRPMをつくってみようとおもいました。
しかし、configure: error: no acceptable C compiler found in $PATH
のエラーがでてしまいます。

ちなみに、%configureは
%build
%configure
--prefix=/usr/local --enable-redhat
make
です。なにか他に必要でしょうか?

202 :login:Penguin:04/11/02 06:14:40 ID:lUgrEbuh
>>200
> configure: error: no acceptable C compiler found in $PATH

RPM にする以前に、そのソースはふつうに make できたのか?

# PreReq とか BuildRequires とかちゃんと理解してないと
# rebuild するのが面倒な rpm をつくることになる。

203 :login:Penguin:04/11/02 13:01:39 ID:NrO/is9i
RPMってよく、develとか分かれて配布されているけど、
個人で、RPM作るときにも分けた方がいいですか?

204 :login:Penguin:04/11/02 13:13:15 ID:yL6JWkDD
>>203
配布するのでなければ、あなたの好きにどうぞ。何ならsourceをたくさんつけて、
巨大複合rpmを作ってもよし。

205 :login:Penguin:04/11/02 21:35:01 ID:sfPkbEXf
>>201
> しかし、configure: error: no acceptable C compiler found in $PATH
書いてあるとおりじゃないの?

206 :login:Penguin:04/11/02 22:10:43 ID:yL6JWkDD
rpmパッケージングしていて、ちょっと奇々怪々な現象に困っているので助けて下さい。
$ rpm -ql libgdal |grep lib
/usr/lib/libgdal
/usr/lib/libgdal.1
/usr/lib/libgdal.1.4.0
というようにlibgdal.1を含むlibgdalがインストールされています。
$ sudo rpm -ivh ~/rpm/RPMS/i386/gdal-1.2.2-0vl2.i386.rpm
エラー: 依存性の欠如:
libgdal.1 は gdal-1.2.2-0vl2 に必要とされています
rpm管理下でlibgdal.1はきちんとインストールされているのに、依存性のエラーが?



207 :login:Penguin:04/11/09 13:11:25 ID:HQ1hTsIR
mandarakeのSRPMをredhat(Fedora)でbuildしたいと思っているのですが、rpm-helperというパッケージ内のスクリプトを使うのであろうと思われる独自拡張らしき変数%pre_addusrなどのマクロを、手動でプリプロセスする手段をご存じの方いらっしゃったら教えてください。
素直にMandarakeを使えばよいのでしょうが、そうおっしゃらずにお願いします。


208 :207:04/11/09 13:41:35 ID:HQ1hTsIR
mandarakeのrpmのソースみます。スレッド汚してすいませんでした。


209 :login:Penguin:04/11/09 13:53:02 ID:xI/oBBhC
>>207
Mandrakeだ

210 :login:Penguin:04/11/09 15:05:09 ID:djcIs5Z+
ワロタ

211 :207:04/11/09 15:19:55 ID:HQ1hTsIR
>209
あれ、やっぱりそうですか。
ftp.riken.go.jp のディレクトリ名が「mandarake」だったので、「mandrake」じゃなくて「mandarake」だったのかーと思っちゃいました。rpmのソース見たら「mandrake」って書いてあったので、「ありゃ、間違えた」と思っていたところでした。


212 :login:Penguin:04/11/09 15:27:04 ID:xI/oBBhC
ftp://ftp.riken.go.jp/Linux/mandarake/

本当だ。

213 :login:Penguin:04/11/09 16:02:53 ID:cqFt3Vlt
>>212
ワラタ

214 :login:Penguin:04/11/15 19:46:41 ID:kB9km/h9
for i in `apt-cache pkgnames`; do apt-cache show $i |grep Maintainer ;done |grep '自分のメールアドレス' | wc -l


215 :login:Penguin:04/11/16 18:57:30 ID:NcsYTAEO
GNU is Not Unixi s Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix
is Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix is Not Unix

216 :login:Penguin:04/11/21 20:03:40 ID:VQuZ+65z
ぐぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ

217 :login:Penguin:04/12/21 01:06:40 ID:bEGcx2aB
RPMパッケージを作成しているのですが、どういうわけか eval? に依存する
パッケージが出来てしまいます。

:
PreReq: rpmlib(PayloadFilesHavePrefix) <= 4.0-1 rpmlib(CompressedFileNames) <= 3.0.4-1
Requires(rpmlib): rpmlib(PayloadFilesHavePrefix) <= 4.0-1 rpmlib(CompressedFileNames) <= 3.0.4-1
Requires: hoge.0.1 hoge-devel.0.1 /bin/sh eval
:

パッケージ自体は作成されるのですが、インストールするときに

eval は munya に必要とされています。

とエラーが出てインストールできません。
--nodeps で無理やりインストールすればとりあえず動くのですが…

find-requires はいったい何をみて eval が必要だといっているんでしょうか?

ちなみにディストリビューションは Vine-3.0 です。


218 :login:Penguin:04/12/21 01:09:57 ID:EYUAJ9FT
>>217
エスパーを募集しているのでなければ、spec をどこかにうpしる。

219 :login:Penguin:04/12/24 05:27:08 ID:/MCGO3p3
eval ってbashの組込みコマンドなんじゃないの?
入ってるのがあたりまえだと思うんですけど

220 :login:Penguin:05/01/04 09:54:50 ID:QgcDWuhd
Requires, Prereq, BuildRequires, BuildPrereqなどでのバージョン指定の根拠となる情報って、どこを探せばいいのでしょうか?
specファイルでバージョンが指定されているから(場合によっては)エラーが出るわけですが、
ではなぜそのバージョン(以降)でなければならないのか、といった情報はソース等のどこで確認すればよいのだろうかと。

221 :login:Penguin:05/01/04 10:11:05 ID:ZQ6Tj3Xp
>>220
経験と勘。似非職人の世界でし。

ソフトによるけど、(ある機能のサポートを外してもいいのであれば)
外してみてもいいんじゃないかと思う。

222 :login:Penguin:05/01/05 09:24:04 ID:18TK9aow
>>220
README や INSTALL, configure を読む。

223 :login:Penguin:05/01/05 09:24:40 ID:LBpiq6Ef
configure より configure.{in,ac} じゃねーか?

224 :login:Penguin:05/01/28 16:36:50 ID:hLcnqyW0
いままでrpm-modeと思って使っていたもの(Shell 何とか[rpm])は、rpm-modeではな
かったようだ。本物のrpm-modeを入れたら強烈にラクチンだった。今までの俺って orz


225 :login:Penguin:05/02/03 21:48:28 ID:VhVxZiHg
>>217
実行属性のついたシェルスクリプト。


226 :login:Penguin:05/02/10 09:28:36 ID:UHvPf+P5
すみません。ちょっと教えてください。
RPMデータのみあったとして、そのspecファイルの内容を見ることはできるのでしょうか?
できないとは思うんですけど…もしかしてできたりします?

227 :login:Penguin:05/02/10 09:52:51 ID:3A0OW5wm
>>226
普通はSRPMでないRPMにSPECファイルは入れないので、出来ない。

228 :login:Penguin:05/02/10 09:56:24 ID:tLOdBQ4i
SRPMならrpm -iでspecとソース一式が%_topdir以下に入る。
後は好きなように弄り回してrpmbuildでも何でも出来る。

binaryのRPMはspecの中身を見ることはできないけど、
rpm -qp --scripts momimomi.rpm
で、インストール、アンインストール時に実行するスクリプトは表示できる。


229 :login:Penguin:05/02/10 10:02:36 ID:UHvPf+P5
>>227-228
ですよね。そのシステム環境に適合するRPMデータがあったとしても、
specファイルを確認したい、場合によってはリビルドして入れたいということがあると思うのですが、
やはりSRPMデータなくしてspecファイルの内容は確認できませんよね。
ありがとうございました。

230 :login:Penguin:05/02/10 19:52:20 ID:jGutS7SU
>>229
いや、ある程度はできる
ttp://www.barabanov.ru/proj/rpm2spec
ただし、日付に日本語が入ってしまうので、
# LANG=C rpm2spec hgoehoge.rpm > hogehoge.spec
とすること

231 :login:Penguin:05/03/14 01:09:40 ID:WwdKdJuJ
src.rpm なファイルを展開したい時、どうやるのが手っ取り早いでしょ
う?

私は、こんな↓感じでやっているのですが、もっとすっきりした方法は
ないものでしょうか?

$ cd /tmp
$ mkdir BUILD SOURCES SPECS
$ rpm --define "_topdir `pwd`" -i ${pkgfile}
$ rpmbuild --define "_topdir `pwd`" --nodeps -bp SPECS/*.spec || rpmbuild --define "_topdir `pwd`" --nodeps --target=i686 -bp SPECS/*.spec


232 :login:Penguin:05/03/14 02:34:55 ID:f4OaHYK/
>>231
ホームディレクトリに"rpm"とか"redhat"とか適当な名前のtopdirを作ってお
いて、その下にBUILD RPMS SOURCES SRPMS SPECSを作っておきます。(これら
のディレクトリはしょっちゅう使うので、作っておいたまま消さない)
~/.rpmmacrosには
%_topdir /home/foo/rpm
%_tmppath /var/tmp
%_rpmtopdir %{_topdir}/%{name}
と書いておきます。こうしておくと
$ rpmbuild -i bar.src.rpm
だけで、specは/home/foo/rpm/SPECに、ソースファイルは/home/foo/rpm/SOURCES
に展開されます。


233 :login:Penguin:05/03/14 05:45:27 ID:bsFYPQWA
>>231-232
他のディストリでちゃんと動くか知らないけど、
Vine の vutils って rpm に mkrpmdir ってスクリプトがあります。
mkrpmdir ~ とやると、
%_topdir と %packager を ~/.rpmmacros に書き込んで、
~/rpm/BUILD ~/rpm/SOURCES ~/rpm/SPECS ~/rpm/SRPMS
~/rpm/RPMS/noarch ~/rpm/RPMS/i386 ~/rpm/RPMS/i586 ~/rpm/RPMS/i686
を作ってくれます。
簡単に ~/rpm 以下のディレクトリを作れるので、けっこう便利です。

ビルド時の --target=i686 の指定も、~/.rpmmacros になんか設定書いておけば
省略出来そうな気がするけど、分かりません。

234 :login:Penguin:05/03/16 12:37:34 ID:zQujFZYD
age

235 :login:Penguin:05/03/16 19:42:44 ID:WEPzJzA3
httpd-2.0.53.tar.gz をインストールするのに必要だと言われたため、
apr-1.1.0.tar.gz を落としてきて、

$rpmbuild -ta apr-1.1.0.tar.gz

で rpm を作成しようと思ったんですが、

RPM build errors:
Bad exit status from /var/tmp/rpm-tmp.8821 (%build)

と言われてしまいます。
この /var/tmp/rpm-tmp.8821 っての、
勝手に削除しちゃってもいいんでしょうか?

236 :login:Penguin:05/03/16 20:42:06 ID:xcO5JQtk
>235
spec ファイルをデバッグしないなら、消して構わない。

237 :235:05/03/16 20:58:19 ID:WEPzJzA3
>>236
ありがとうございます。
一旦削除してからもう一度やってみましたが、やはり

/var/tmp/rpm-tmp.17575: line 54: fg: no job control
error: Bad exit status from /var/tmp/rpm-tmp.17575 (%build)


RPM build errors:
Bad exit status from /var/tmp/rpm-tmp.17575 (%build)

と言われてしまいました。
該当のテンポラリファイル /var/tmp/rpm-tmp.17575 の54行目には、

%check

としか書き込まれていません。

spec ファイルのデバッグ、というのはどのようにすればいいのでしょうか?

やはりこのへん↓
http://www.google.co.jp/search?q=rpm+spec+%E3%83%87%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0&start=0&start=0&hl=ja&lr=lang_ja&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP:official
から勉強しないといけませんね。

238 :login:Penguin:05/03/16 23:58:57 ID:V9z55zlo
>>237
>spec ファイルのデバッグ、というのはどのようにすればいいのでしょうか?
httpd-2.0.53.tar.gz から httpd.spec を取り出して ~/rpm/SPEC において、
httpd-2.0.53.tar.gz を ~/rpm/SOURCES において、
spec ファイルから build する。
--short-circuit とか使いながら -bc とか -bi とか順にやっていって、
引っかかったら spec を直すと。

> /var/tmp/rpm-tmp.17575: line 54: fg: no job control
> error: Bad exit status from /var/tmp/rpm-tmp.17575 (%build)
とりあえず、%build でエラーになってるみたいだから、
rpmbuild -bc httpd.spec 2>&1 | tee bp.log
とかやってみればいいかと。
もうちょっと前になんかもっと大事なエラーメッセージが出てそうな気もするけど。

使ってるディストリビューションで用意されてるパッケージの spec も見たほうがいいと思う。

ttp://www.linux.or.jp/JM/html/rpm/man8/rpmbuild.8.html
--showrc とか でマクロがどうなってるチェックするのとかも必要かも。

239 :235:05/03/17 02:20:42 ID:gC8u5PES
>>238
丁寧にありがとうございます。
すみませんが、明日というか今日の早朝から数日間家を空けるので、
再開は週明けからになると思います。
戻って来たらアドバイスいただいたことを試してみたいと思います。

240 :login:Penguin:05/03/17 17:53:11 ID:MYoA17yN
rpm自体のバージョンが古くて%check非対応とかの予感。

241 :login:Penguin:05/03/18 12:19:57 ID:x5kfc3Qj
>>231

rpm2cpio hoge.src.rpm | cpio -idm

242 :235:05/03/20 09:10:36 ID:7RtkTiX5
>>240

$ rpm -qa | grep rpm
rpm-build-4.1-1.06
rpmdb-redhat-8.0-0.20020910
rpmlint-0.60-0.fdr.1.rh80
rpm-python-4.1-1.06
rpm-4.1-1.06
redhat-rpm-config-8.0-1
rpm-devel-4.1-1.06
rpm404-python-4.0.4-8x.27
librpm404-4.0.4-8x.27
librpm404-devel-4.0.4-8x.27
rpm2html-1.7-8

古すぎますかね?

243 :240:05/03/20 13:26:29 ID:0berZzSr
4.1 -> 4.2:
- add %check scriptlet to run after %install (#64137).
ということで、%checkは4.2以降の機能。

244 :235:2005/03/21(月) 21:29:58 ID:NVWhmt+W
>>243
ありがとうございます。
なるほど。

こちらの使っている環境は Redhat8 なんですが、
http://download.fedora.us/fedora/redhat/8.0/i386/RPMS.os/ にある rpm は、
>>242 で書いたように rpm-4.1-1.06 で打ち止めのようです。

http://download.fedora.us/fedora/redhat/9/i386/RPMS.os/ にある
Redhat9 用の rpm-4.2-0.69 あたりを
強引に突っ込んでも問題出ないんでしょうかねぇ、、、

245 :login:Penguin:皇紀2665/04/01(金) 22:13:55 ID:jmD04yJB
>>235
他のプログラムをrpm化するときに、同じようなtmp〜のようなエラーが出ていた。

rpm化は諦めて、手動インストールしようとドキュメントを読んでいたら、他のrpmが必要だということで、
そのrpm(openssl-devel-0.9.7a-33.12.i386.rpm他)をインストールして、手動インストールしてみた。

で、その直後にもう一度rpm化を試したら今度は通った!!

だから、そのtmp〜っていうエラーは依存関係の問題かもしれないので、
よくドキュメントを読んでみては?

246 :login:Penguin:2005/06/26(日) 00:24:36 ID:/USjl/Oi
php-4.3.9-3.6.src.rpm のspecを利用してphp-4.3.11.tar.gzを
インストールしようと思います。

rpm -i php-4.3.9-3.6.src.rpm

SOURCE/ へ php-4.3.11.tar.gz を移動
php.spec のバージョンの書き換え
php.spec のpatchの無効化

rpmbuild -ba php.spec 

上記でrpmのビルドを行いましたが、ビルドでエラーになります。
patch を無効化したことがまずいのでしょうか

247 :login:Penguin:2005/06/26(日) 01:20:11 ID:eav5hmc+
>>246
>ビルドでエラーになります。
ただ今エスパー氏は不在。

248 :246:2005/06/26(日) 01:49:03 ID:/USjl/Oi
php-4.3.9-3.6.src.rpm の patch は php-4.3.11.tar.gz
に適用できないんでしょうか。

249 :login:Penguin:2005/06/26(日) 02:27:42 ID:ZWBgDAYC
>>248
そもそもphp-4.3.11のmakeは通るの?
そこでコケるのならくだ質とか使ってるディストリのスレで訊いたほうがいい。

つか、php-4.3.11のsrpmならググれば結構引っかかるけどな…
それを自環境に合わせて修正するのじゃダメなのか

250 :login:Penguin:2005/06/26(日) 02:56:15 ID:eav5hmc+
>>248
まず「php-4.3.9-3.6.src.rpm」といってもモノはひとつではない。
patchといっても1つじゃなくて20個ぐらいあるだろ?
全部はphp-4.3.11.tar.gzには当たらない
というかphp-4.3.11では既に不要なpatchがいっぱいある筈。

251 :login:Penguin:2005/06/26(日) 02:57:56 ID:eav5hmc+
あと>>247の意味を理解して欲しいのだが。

252 :login:Penguin:2005/06/26(日) 15:12:45 ID:+cLoHgEN
すみません。
Centos4をつかってます。
http://rpm.pbone.net/ で探しましたが、php-4.3.11のCentパッケージは
ありませんでした。

php-4.3.11.tar.gzをmakeしては通ります。しかしspecと手動makeでは
./configureの指定がだいぶ異なります。
Centのspecではbuild()と関数化して行っているようです。
いままでmake か checkinstallを使用してインストールを
行っていたのですが、インストール先をredhatにあわせたほうが良いので
rpmに挑戦したのです。

エラー内容ですが、
creating reloadable object files...
creating a temporary reloadable object file: ext/domxml/.libs/ext/domxml/domxml.la-1.o
/usr/bin/ld: cannot open output file ext/domxml/.libs/ext/domxml/domxml.la-1.o: No such file or directory
make: *** [ext/domxml/domxml.la] エラー 1

domxml.la-1.oは作られていないようなんです。

253 :login:Penguin:2005/06/26(日) 16:02:02 ID:JD/WWY4F
>>252
fedoraのじゃダメかね php-4.3.11
ttp://download.fedora.redhat.com/pub/fedora/linux/core/updates/3/SRPMS/

254 :login:Penguin:2005/06/26(日) 17:46:23 ID:+cLoHgEN
>>253
ためしに、fedora3をダウンロードしてspecを確認しました。
そしたら、RHEL(Centos)と違う部分がありました
(たとえば下)
PEARのパッケージです。
Source20: http://pear.php.net/get/DB-1.7.5.tgz
Source21: http://pear.php.net/get/HTTP-1.3.5.tgz
Source22: http://pear.php.net/get/Mail-1.1.4.tgz
Source23: http://pear.php.net/get/XML_Parser-1.2.6.tgz
Source24: http://pear.php.net/get/Net_Socket-1.0.6.tgz
Source25: http://pear.php.net/get/Net_SMTP-1.2.6.tgz

また、素朴な疑問です。
php-4.3.11 は普通のmake & installできますが
なぜspecでは php-4.2.2-lib64.patch
こんなに古いパッチを当てるのでしょうか。
このような指定が数箇所あります。

いまビルド中です。

255 :login:Penguin:2005/06/26(日) 19:58:24 ID:JD/WWY4F
PHPのことはくだ質かCentスレで。

要らないパッケージの部分はコメントアウトすればいいんでない?
%files <パッケージ名> のセクションを見れば、そのパッケージの構成が分かるから、
そこを見ながら%setup〜%installから要らない部分を削っていく。

ファイルの配置は rpmbuild -bi でbuildroot以下に仮インストールできるから、
それでconfigure のオプションや make install に渡す環境変数を調整していく。
ビルドし直すまでもない修正のときは--nobuiidを付ける。
俺の場合はこんな感じで作業してるけど。

256 :login:Penguin:2005/08/15(月) 09:44:17 ID:Dh2nyB7V
php-4.3.11のrpmを作成したくspecファイルについてお聞きしたいのですが、
php-imapパッケージが生成されずに困っています。
行頭には以下の記述があるのですが、どうも with_imapが0に設定されているようなのです。
%define contentdir /var/www
%define with_oci8 %{?_with_oci8:1}%{!?_with_oci8:0}
%define with_mssql %{?_with_mssql:1}%{!?_with_mssql:0}
%define with_mhash %{?_with_mhash:1}%{!?_with_mhash:0}
%define with_imap %{?_with_imap:1}%{!?_with_imap:0}

この部分がマクロであることは分かるのですが、_with_imapがどのように判断されて1か0かに
設定されているのかがよく分かりません。 勝手に1に設定しちゃってもいいものなんでしょうか?
お分かりになる方がいらっしゃればよろしくお願いします。
ちなみにimap関係のパッケージは以下のものが既にインストールされています。
imap-2001a-10
imap-devel-2001a-10

257 :login:Penguin:2005/08/15(月) 11:02:42 ID:Dh2nyB7V
自己レスです。
rpmbuild --define "_with_imap 1"

で作成できました。 お騒がせしました。

258 :login:Penguin:2005/08/15(月) 21:37:10 ID:xQpAXLUC
ただリビルドするだけの時に--defineを使うのは正しいのか?
rpmbuildのヘルプにあるのは--with=とか--without=だけど。

まあ俺はwithoutじゃなくてspec書き換えてるけど…

259 : ◆/UXtw/S..2 :2005/08/16(火) 15:47:59 ID:Vn0puH61
>>258

rpmbuild のヘルプをちゃんと読んだか?

Options implemented via popt alias/exec:
--dbpath=DIRECTORY use database in DIRECTORY
--with=<option> enable configure <option> for build
--without=<option> disable configure <option> for build

popt による alias と書いてあるだろ。正しいも正しくないも、
やってることは一緒なわけだが。popt が分からなかったら、
とりあえず

/usr/lib/rpm/rpmpopt-<rpmのバージョン>

でも読んでおけ。


260 :login:Penguin:2005/10/21(金) 15:09:28 ID:ugQ65p6N
yoper linuxのサイトにspecのひながたとrpmbuildの
スクリプトがある。これはすごい簡単。suseで
インストールのディレクトリを/usr/src/package/RPMS/i686
に指定してまとめてインスコできるか試してます

261 :login:Penguin:2006/06/11(日) 22:38:14 ID:cW+uyL68
%prep %setup %patch を飛ばして %build からテストしたいのですが、可能ですか?

262 :login:Penguin:2006/06/11(日) 22:42:16 ID:UdaIvYnC
short-circuit

263 :login:Penguin:2006/07/06(木) 03:11:44 ID:sbcTXFsT
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/RPM-HOWTO-6.html

264 :login:Penguin:2006/07/06(木) 07:53:46 ID:jwQED/TG
誰か CentOS4.3 用 Apache2.2 系の RPM 作成をお願いしまーす。

265 :login:Penguin:2006/07/06(木) 15:25:43 ID:5XYo67aq
>>264
バーカ

266 :login:Penguin:2006/12/12(火) 18:31:21 ID:lKiUJVj/
rpmでパッケージできるSourceの最大サイズはどこかに書いてある?
電子辞書データを自分専用にrpm化しておきたいのだけど、2GBまでなら大丈夫かな?

85 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)